しばやん雑記

Azure Serverless とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

GitHub

GitHub Codespaces と Prebuilding Codespaces を使ってサクサク起動する Miniconda の環境を構築する

最近は C# と Node.js 以外の環境は WSL 2 や GitHub Codespaces を使って用意することが多いのですが、Conda (Miniconda) を使った環境の構築時にかなりハマったのでメモとして残します。結果的にはまずまずの環境が出来たと思っていますが、思ったより情報…

GitHub Actions の OpenID Connect と Azure AD を利用して Client Secret の管理を不要にする

激しく今更ですが、GitHub Actions の OpenID Connect 対応を利用して Azure リソースや Azure AD 自身へのアクセスを Client Secret 無しで行ってみます。ぶっちゃけ全ては watahani さんのブログを読んでもらえれば良いのですが、少し時間が経過したことも…

.NET 6.0 にアップグレードすると ReadyToRun ビルドが失敗するようになったのを直す

.NET Core 3.0 からビルド時に Tier 0 のネイティブコードを生成する ReadyToRun が利用可能になっています。実行時に Tier 0 のコード生成を行わない分、スタートアップの高速化が期待できる機能です。.NET 6.0 は Windows x64 環境なら全てのクロスコンパ…

GitHub Actions / Azure Pipelines 上で Azurite と Cosmos DB Emulator を使ったテストを実行する

GitHub や Azure DevOps を使った開発フローにテスト実行を組み込むのは一般的に行われていると思いますが、Azure Storage や Cosmos DB などに依存するテストを実行する際には、実際のリソースにアクセスさせるのではなくローカルで完結させたいことが多い…

Run From Package と Managed Identity を使った App Service / Azure Functions のデプロイ戦略

App Service / Azure Functions のシークレットを安全に扱う際に利用する Key Vault Reference が User Assigned Managed Identity に対応しつつ、Linux 周りであった色々な制限が削除されたのと同時に、突然 Run From Package でも Managed Identity が使え…

Azure Functions の開発環境を Visual Studio Code の Dev Container を使って構築する

Azure Functions は C# と Node.js を使う場合には開発環境をサクッと構築できるのですが、今回 Python を使って開発しようとしたときに開発環境で割とはまったので、自分が最適だと思った VS Code の Dev Container を使う方法をメモしておきます。開発環境…

.NET Framework 3.0 で作られたアプリケーションを .NET 5 に最新化して GitHub で公開するまでに行ったこと

CodePlex に置いてあった .NET Framework 3.0 時代に書かれたアプリケーションを、GitHub に移行しつつ .NET 5 で動くように 2 週間ぐらい頑張った話を書きます。正直なところ 12 年前に書かれたコードを何とかするのはめっちゃ大変でした。今回コードの改善…

NuGet のロックファイルと CI でのパッケージキャッシュ

基本的に NuGet に関しては CI でのパッケージのキャッシュがあまり効果的ではないのですが、推奨設定での使い方をちゃんと試しておこうと思ったので残します。GitHub Actions や Azure Pipelines には NuGet 向けのサンプル定義が用意されています。中身は…

GitHub Actions / Azure Pipelines で Pull Request に特定のラベルが付けられた時だけ処理を行う

個人的によく使っていて時々 Pull Request も投げている Durable Functions の開発リポジトリでは、全ての Pull Request に対しては基本的なテストのみ実行し、full-ci というラベルが付いた時のみ全てのテストを実行するようになっています。実際に以前投げ…

Azure App Service と GitHub Actions を使って Pull Request のプレビュー環境を自動で作成する

Azure Static Web Apps がリリースされた時に羨ましかった機能として、Pull Request を作成する度にプレビュー用の環境を自動で作成してくれる、というものがありました。レビュー中に実際のアプリケーションを確認できるのは重要なので、App Service でも欲…

GitHub Actions の Environments が予想通り最高だったので勢いで一通り試した

Universe 2020 で発表された機能の中で一番楽しみだったのが GitHub Actions の Environments です。デプロイ先ごとに環境変数と Protection rule を設定出来るようになります。Azure Pipelines では Approvals and checks と Environments という同等の機能…

複数の App Service / Azure Functions へのデプロイを GitHub Actions を使って並列に実行する

少し前に書いたエントリの続きに近い内容ですが、実際に GitHub Actions を使って複数の App Service / Azure Functions へのデプロイを並列実行するという話です。ビルドに関しては並列実行しても効果が薄いケースが多いですが、デプロイは前回書いたように…

GitHub Actions / Azure Pipelines 上での .NET Core アプリケーションのビルド時間を短縮する

最近は Azure DevOps で開発していたアプリケーションを GitHub に移行しつつ、ビルドとデプロイ周りを Azure Pipelines から GitHub Actions に切り替えていたのですが、アプリケーションのビルドに時間がかかっていたので短縮するために色々と作業をしまし…

Azure Pipelines だけ使っているプロジェクトを GitHub Actions に移行している話

最近は Azure Pipelines だけを使っている GitHub 上のプロジェクトを、徐々に GItHub Actions に移行しています。Azure Pipelines は Approvals や Gates などが便利ですが、OSS で一人開発しているような場合は GitHub Actions に寄せておいた方が都合が良…