しばやん雑記

ASP.NET Core とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

Azure App Service への Key Vault 証明書のインポートがお手軽になった

以前は ARM REST API を直接叩く必要のあった App Service への Key Vault 証明書のインポートですが、いつの間にか Azure Portal から行えるようになっていました。Azure Portal から SSL settings を開くと、Key Vault 向けに新しくボタンが追加されていま…

Azure Functions v2 の Dependency Injection を使って設定値を上手く扱いたい

Build 2019 に合わせて Azure Functions v2 で Dependency Injection が正式にサポートされましたね。これまでも static を外して WebJobsStartup を書けば使えていましたが、DI 向けに整理されました。ドキュメントがあるのでそっちを読んでおいてください…

Azure App Configuration の Feature Management が便利そうだったので試した

恐らく Build 2019 に合わせたと思ってますが、Azure App Configuration がアップデートされて Feature Management という新しい機能が追加されています。公式にも A/B テストとか、新しい機能の段階的なリリースにも使えると紹介されています。App Service …

Application Gateway v2 が GA したので気になった機能を試す

既に Application Gateway v2 は GA してると思ってましたが、実はプレビューだったようです。プロビジョニングや設定変更は圧倒的に早くなってますし、機能的にも v2 のが優れているので、もう v1 を使うメリットはほぼ無いでしょう。価格は v1 と v2 で大…

Azure App Service の VNET Service Endpoint がプレビューに

Azure Storage や SQL Database で使えるようになっている Service Endpoint が App Service でも使えるようになりました。現在はパブリックプレビューなので、自由に試すことが出来ます。中の人が書いているように、アプリの前に Application Gateway など…

Azure Container Instances が Windows Server 2019 に対応

久し振りに Azure Container Instances のキャッシュ済みイメージを取得する API を叩いてみたら、Nano Server 1809 のイメージがキャッシュされてることに気が付きました。OS Version を見ても分かるように Windows Server 2019 としてリリースされたもので…

Application Gateway v2 の Key Vault 連携を試してみた

去年から Application Gateway の v2 SKU で Key Vault 連携が行われるという話が出たっきり音沙汰無しだったのですが、最近になって PowerShell で Key Vault 連携を行うドキュメントが公開されていました。現在は PowerShell か ARM の API を直接叩くぐら…

Azure Pipelines を使って Web App for Containers (Windows) への自動デプロイを行う

Azure Pipelines にも Windows Server 2019 の Hosted Agent が追加されているので、これまでも ltsc2019 向けの Docker Image はビルド出来ていました。現状の Agent Image には多少の問題*1はありますが、ビルドには問題ありません。最近は .NET Framework…

マツダコネクトを Apple CarPlay 対応にしたら捗った

去年に車買ってたんですが、マツダ車だったので例によってマツダコネクトが付いてるわけです。コンセプトとしては好きな感じなので CarPlay 対応をひたすら願ってたわけですが、日本だけ対応の兆しを感じなかったため US 版のパーツを輸入して取り付けました…

Azure Front Door を実運用する際に必要そうな設定を試した

最近は急激に Azure Front Door への興味が湧いてきたので一気に調べました。思っていたよりも長くなったので久し振りに目次記法を使いました。このくらいの内容を抑えておけば、実運用で大体は困らないのではないかと思います。 カスタムドメインと HTTPS …