しばやん雑記

Azure Serverless とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

Functions

Cosmos DB .NET SDK v2 の廃止と Azure Functions Cosmos DB Extension v4 プレビュー

少し前に Azure Cosmos DB .NET SDK v2 が 2024 年 8 月 31 日で廃止されることが発表されました。これで API 設計がイケてない Microsoft.Azure.DocumentDB 関連のパッケージがついに廃止されます。移行先となる Microsoft.Azure.Cosmos は十分な実績があり…

Azure App Service から Private Endpoint を利用する際の設定がシンプルになった

先日 Azure App Service のゾーン冗長対応を確認していた時に気が付いたのですが Regional VNET Integration を Azure Portal から設定すると、デフォルトで App Service からの Outbound トラフィック全てを VNET にルーティングする設定が有効になっていま…

更に高い可用性を実現する Azure App Service の Availability Zones 対応がリリース

これまで App Service Environment は Availability Zones に対応していましたが、ついにマルチテナント型の App Service でも Availability Zones に対応しました。これで複数のゾーンに分散してアプリケーションをデプロイすることで、マルチリージョンよ…

新しく Azure Durable Functions に追加された Netherite Storage Provider を一通り試した

これまで Azure Storage (Queue / Table) が使われてきた Durable Functions の Storage Provider ですが、今年に入ってからパフォーマンス重視の Netherite とポータビリティ重視の MS SQL が公開されています。Azure Functions 上で動かす場合には MS SQL …

Run From Package と Managed Identity を使った App Service / Azure Functions のデプロイ戦略

App Service / Azure Functions のシークレットを安全に扱う際に利用する Key Vault Reference が User Assigned Managed Identity に対応しつつ、Linux 周りであった色々な制限が削除されたのと同時に、突然 Run From Package でも Managed Identity が使え…

Azure Functions Linux の Custom Image でベースとして利用可能な Docker Image について

Azure Functions の Linux では標準で用意されている Docker Image をベースにして、独自に必要なパッケージをインストールして実行環境をカスタマイズ出来るようになっています。ドキュメントでは Custom Image と呼ばれていますが、Azure Portal から Azur…

Durable Functions を使ってタイマーで起動される処理の開始時間をランダムに遅延させる

Azure Functions で TimerTrigger を使って特定の時間に起動される処理が増えると、それらはほぼ同時に実行されるため外部 API の呼び出し時にスロットリングが発生しやすくなります。特に Azure Functions は同一 Stamp に載っていると Outbound IP が被り…

Azure Functions の開発環境を Visual Studio Code の Dev Container を使って構築する

Azure Functions は C# と Node.js を使う場合には開発環境をサクッと構築できるのですが、今回 Python を使って開発しようとしたときに開発環境で割とはまったので、自分が最適だと思った VS Code の Dev Container を使う方法をメモしておきます。開発環境…

Azure App Service の .NET 6 Early Access と Azure Functions v4 の Early Preview が開始

相変わらず Build 2021 といった大型イベントと関係なくアップデートが行われる App Service と Azure Functions ですが、以前にブログで予告されていた通り夏前に .NET 6 Preview 4 と Azure Functions v4 の Early Preview が開始されました。App Service …

Build 2021 付近で発表された App Service 関連のアップデート

今年も Build がオンラインで開催されましたが、例によって Static Web Apps の GA は Build の 2 週間前だし、App Service チームはイベント合わせで新機能のリリースを行わない方向になっているので、あまりキャッチアップする内容はありませんが、細々し…

Azure Functions の Binding / Trigger で必要なシークレットをより安全に扱う

Azure Functions は非常に便利ですが、Azure Storage や Cosmos DB などの Binding / Trigger を使う際に必要となる接続文字列は、管理を考えると若干扱いが面倒な部分があります。App Settings に直接値を設定するのが簡単ですが、権限管理という観点では値…

Hack Azure! #5 - Geek of Azure Serverless フォローアップ

Ignite 2021 では特にアップデートがなく、なかなか話す機会が無かった Azure App Service や Azure Functions といった代表的な Azure Serverless なサービスについて、Hack Azure! #5 で話をしました。これまでは大体ゲストを呼んで話していましたが、App …

私が Azure Functions アプリケーションの開発時に意識していること

ここ数年は Azure Functions をフルに活用したアプリケーションを実装することが多かったのですが、同時に Azure Functions を失敗しないように使う方法も分かってくるので、ここらでちゃんと言語化しておきます。最近は特に Azure Light-up というハッカソ…

Azure Functions の .NET 5 対応と関係する注意点

.NET 5 がリリースされて少し経ちますが、App Service は Early Access という形ですが .NET 5 への対応が行われたのに対して、Azure Functions は今のところ .NET Core 3.1 までの対応となっています。少し前から Azure Functions の .NET 5 対応に関して G…

Azure Functions への Zip Deploy を Publish Profile を使って行う方法

普段は Visual Studio からデプロイ先の Azure Functions を選んで Zip Deploy 用のプロファイルを作成していますが、たまに Visual Studio で Publish Profile を使った Zip Deploy を行う場合に、その手順を毎回忘れてしまうのでメモとして残します。おま…

ASP.NET Core / Azure Functions アプリケーションの発行後サイズを削減する

Azure Storage を使った Run From Package で公開している Azure Functions 向けパッケージの転送量が、最近になって急激に増えたのでパッケージのサイズを削減して、Azure Functions で実行するための最適化を行ったのでメモとして残します。何故マネージコ…

Azure Functions の Retry Policy 機能を使って信頼性の高い処理を実装する

GitHub 上で開発が進んでいることは把握していましたが、ついに待望の Retry Policy 機能が Azure Functions に実装されました。まだ Preview 扱いのようですが、1 年以上は待った気がします。単純にリトライするだけであれば Polly などを使えば済みますが…

複数の App Service / Azure Functions へのデプロイを GitHub Actions を使って並列に実行する

少し前に書いたエントリの続きに近い内容ですが、実際に GitHub Actions を使って複数の App Service / Azure Functions へのデプロイを並列実行するという話です。ビルドに関しては並列実行しても効果が薄いケースが多いですが、デプロイは前回書いたように…

Azure Functions のストレージを VNET 経由に制限する機能が Preview になったので試した

Azure Functions は Premium V2 / V3 や Premium Consumption を使うことで Regional VNET Integration を有効化しつつ、更に Service Endpoint や Private Endpoint で Azure リソースへの制限が行えますが、同時に作成されるストレージアカウントはパブリ…

Azure Functions で ReadyToRun を有効化してコールドスタートの高速化を図る

以前に Azure Functions のアップデートで ReadyToRun が使えるようになったと書きましたが、64bit OS 上では win-x64 向けの ReadyToRun コンパイルしか行えなかった問題が直ったので真面目に計測しました。ReadyToRun の説明は既に何回か書いたので省略し…

Azure Functions におけるスケーリングの基本的な考え方

最近は Azure Functions でのスケーリングに関する質問をよくされるのと、自分自身が仕事で効率良くスケーリングが可能な Function 実装を行う必要が多かったのでまとめておきます。今回はスケールアップではなく、スケールアウトの方を指しています。事前に…

Azure Functions におけるロガーの扱いとフィルタの注意点

最近の Azure Functions 開発ではバインディングやトリガーなどに必要なものだけをメソッドのパラメータとして定義して、それ以外は全て DI を使ってコンストラクタから取るようにしていますが、Azure 上のみロガーから Application Insights に送信されない…

Visual Studio で Azure Functions を作成すると文字化けする問題を EditorConfig で直す

Visual Studio や Azure Functions Core Tools などで新しい Azure Functions を作成すると、一般的な C# クラスとは異なり UTF-8 BOM 無しのファイルが生成されます。UTF-8 BOM が必要なのかどうかは議論しませんが、C# では UTF-8 BOM が無いとマルチバイ…

2020 年 8 月の Azure Functions Live で発表されたアップデート

2020/8 の Azure Functions Live でかなりインパクトの大きいアップデートについて話があったので、触れておきたいと思います。Azure Functions でイマイチだと思っていた部分がかなり改善されているので、今後は使うのが当たり前になりそうな機能ばかりです…

アプリを Azure Government と Azure China に対応させつつ ARM Template でデプロイする

日本在住であれば関わる機会がほぼないと思われる Azure Government と Azure China ですが、OSS で Azure 向けアプリを出していると稀に対応せざるを得ないときがあります。今回は App Service と Key Vault の Acmebot で対応する機会がやってきました。普…

Azure Functions (Premium / ASP) から Private Endpoint を使う際に必要な設定

Twitter にて SQL Server と金麦で有名なムッシュが Premium Plan で WEBSITE_VNET_ROUTE_ALL が使えないと呟いていて、いろいろ気になったので環境を作って試してみました。WEBSITE_VNET_ROUTE_ALL は Private Link や Route Table などを使う際に必要とな…

2020 年 10 月に既存の Azure Functions v2 は v3 (.NET Core 3.1) に更新されます

Azure Functions v2 もサポートが継続されるみたいな話を見た気がしますが、既存の Function v2 は使用している .NET Core バージョンの EOL に伴って v3 にアップグレードされるようです。今年の 10 月に行われる予定のようですが、例によってリージョンに…

Azure Functions に Options のバリデーションを追加する

ASP.NET Core で導入された Options パターンを使ったアプリケーション設定ですが、IConfiguration と DI を導入すれば使えるので最近は Azure Functions の Trigger に関係ない部分で使っています。Azure Functions では IConfiguration を簡単に取れないの…

Durable Functions の E2E 分散トレーシングは最高だった話

恐らく最初に話をしてから 2 年近く経過している気がしますが、ついに待望の Durable Functions での E2E 分散トレーシングがプレビューとしてリリースされました。牛尾さんの努力の結晶とも言います。α リリースと言われていますが、現時点での完成度はかな…

Azure Functions でカスタム HTTP ヘッダーや HSTS のグローバル設定を行う

ドキュメント化されていないようですが、Azure Functions でも host.json によるカスタム HTTP ヘッダーの追加と HSTS の設定が行えるようようになっていました。Function App 全体で適用されるので、セキュリティに関係するヘッダーを追加するには最適です…