しばやん雑記

Azure Serverless とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

Functions

Azure Static Web Apps に Azure Functions 以外の API を持ち込み可能になったので一通り試した

個人的に GitHub で要望を挙げていた機能でもあるのですが、Static Web Apps の BYOF 機能が拡張されて Azure Functions 以外の API を持ち込めるようになりました。Azure Functions はシンプルなプログラミングモデルを持っているので、簡単な REST API で…

Azure Container Instances の軽量なオーケストレーションを Durable Functions を使って実現する

Azure には Docker Image を指定するだけで簡単に動かせるサービスがいくつかあり、その中でも Container Instances は非常に起動が早くてシンプルなので利用範囲が広いのですが、オーケストレーターが存在しないので並列処理のように複数立ち上げたい場合に…

Durable Functions を Azure Container Apps 上でスケーリング付きで実行する方法を検証した

先日 Twitter で以下のようなツイートが流れてきた時に、Azure Container Apps 上で Durable Functions を正しく実行できるのかを調べることを思い出したので一通り検証しました。ツイートで紹介されている Discussion にあるように、AKS であれば特に問題な…

Azure Functions (Windows / Linux) へのデプロイを行う方法と挙動の違いをまとめた

最近は Visual Studio 2022 + C# 以外で Azure Functions を作成することが増えてきました。その場合は主に Visual Studio Code を使ってプロジェクト作成からデプロイまで行うのですが、Azure Functions を実行する OS とデプロイに利用する方法で若干挙動…

Azure Storage の Blob Inventory をイベントベースで Azure Functions から利用する

Azure Storage の Blob は大量のデータをスケーラブルかつ安く保存することに特化されているのと、実際には Data Lake Storage Gen 2 以外は名前空間を持っていないので、一般的なファイルシステムのように特定ディレクトリ以下のファイル数やサイズなどの情…

Azure Functions v4 で廃止された Azure Functions Proxies の代替ソリューションを実装した

先月に .NET 6 と同時にリリースされた Azure Functions v4 では、ひっそりと Azure Functions Proxies が廃止されました。公式には API Management を使うように推奨されていますが、明らかに一部のユースケースしか見えておらず、廃止の理由を聞いても何も…

Azure Functions v4 における Dynamic PGO と ReadyToRun の使い分け

.NET 6 ではパフォーマンス向上のために Dynamic PGO という機能が JIT に追加されています。名前の通り PGO を実行時に行ってパフォーマンス向上に役立てるという機能で、Azure AD の Gateway では .NET 6 と Dynamic PGO を組み合わせることで CPU 使用率…

Azure Functions v4 が正式リリースされたので既存の環境とアプリケーションをアップグレードする

Visual Studio 2022 のローンチイベントで .NET 6 の GA と同時に Azure Functions v4 の GA が発表されました。これまでは .NET のリリースから遅れて対応するバージョンの Azure Functions がリリースされていましたが、今回は Day 0 サポートがアピールポ…

Cosmos DB .NET SDK v2 の廃止と Azure Functions Cosmos DB Extension v4 プレビュー

少し前に Azure Cosmos DB .NET SDK v2 が 2024 年 8 月 31 日で廃止されることが発表されました。これで API 設計がイケてない Microsoft.Azure.DocumentDB 関連のパッケージがついに廃止されます。移行先となる Microsoft.Azure.Cosmos は十分な実績があり…

Azure App Service から Private Endpoint を利用する際の設定がシンプルになった

先日 Azure App Service のゾーン冗長対応を確認していた時に気が付いたのですが Regional VNET Integration を Azure Portal から設定すると、デフォルトで App Service からの Outbound トラフィック全てを VNET にルーティングする設定が有効になっていま…

更に高い可用性を実現する Azure App Service の Availability Zones 対応がリリース

これまで App Service Environment は Availability Zones に対応していましたが、ついにマルチテナント型の App Service でも Availability Zones に対応しました。これで複数のゾーンに分散してアプリケーションをデプロイすることで、マルチリージョンよ…

新しく Azure Durable Functions に追加された Netherite Storage Provider を一通り試した

これまで Azure Storage (Queue / Table) が使われてきた Durable Functions の Storage Provider ですが、今年に入ってからパフォーマンス重視の Netherite とポータビリティ重視の MS SQL が公開されています。Azure Functions 上で動かす場合には MS SQL …

Run From Package と Managed Identity を使った App Service / Azure Functions のデプロイ戦略

App Service / Azure Functions のシークレットを安全に扱う際に利用する Key Vault Reference が User Assigned Managed Identity に対応しつつ、Linux 周りであった色々な制限が削除されたのと同時に、突然 Run From Package でも Managed Identity が使え…

Azure Functions Linux の Custom Image でベースとして利用可能な Docker Image について

Azure Functions の Linux では標準で用意されている Docker Image をベースにして、独自に必要なパッケージをインストールして実行環境をカスタマイズ出来るようになっています。ドキュメントでは Custom Image と呼ばれていますが、Azure Portal から Azur…

Durable Functions を使ってタイマーで起動される処理の開始時間をランダムに遅延させる

Azure Functions で TimerTrigger を使って特定の時間に起動される処理が増えると、それらはほぼ同時に実行されるため外部 API の呼び出し時にスロットリングが発生しやすくなります。特に Azure Functions は同一 Stamp に載っていると Outbound IP が被り…

Azure Functions の開発環境を Visual Studio Code の Dev Container を使って構築する

Azure Functions は C# と Node.js を使う場合には開発環境をサクッと構築できるのですが、今回 Python を使って開発しようとしたときに開発環境で割とはまったので、自分が最適だと思った VS Code の Dev Container を使う方法をメモしておきます。開発環境…

Azure App Service の .NET 6 Early Access と Azure Functions v4 の Early Preview が開始

相変わらず Build 2021 といった大型イベントと関係なくアップデートが行われる App Service と Azure Functions ですが、以前にブログで予告されていた通り夏前に .NET 6 Preview 4 と Azure Functions v4 の Early Preview が開始されました。App Service …

Build 2021 付近で発表された App Service 関連のアップデート

今年も Build がオンラインで開催されましたが、例によって Static Web Apps の GA は Build の 2 週間前だし、App Service チームはイベント合わせで新機能のリリースを行わない方向になっているので、あまりキャッチアップする内容はありませんが、細々し…

Azure Functions の Binding / Trigger で必要なシークレットをより安全に扱う

Azure Functions は非常に便利ですが、Azure Storage や Cosmos DB などの Binding / Trigger を使う際に必要となる接続文字列は、管理を考えると若干扱いが面倒な部分があります。App Settings に直接値を設定するのが簡単ですが、権限管理という観点では値…

Hack Azure! #5 - Geek of Azure Serverless フォローアップ

Ignite 2021 では特にアップデートがなく、なかなか話す機会が無かった Azure App Service や Azure Functions といった代表的な Azure Serverless なサービスについて、Hack Azure! #5 で話をしました。これまでは大体ゲストを呼んで話していましたが、App …

私が Azure Functions アプリケーションの開発時に意識していること

ここ数年は Azure Functions をフルに活用したアプリケーションを実装することが多かったのですが、同時に Azure Functions を失敗しないように使う方法も分かってくるので、ここらでちゃんと言語化しておきます。最近は特に Azure Light-up というハッカソ…

Azure Functions の .NET 5 対応と関係する注意点

.NET 5 がリリースされて少し経ちますが、App Service は Early Access という形ですが .NET 5 への対応が行われたのに対して、Azure Functions は今のところ .NET Core 3.1 までの対応となっています。少し前から Azure Functions の .NET 5 対応に関して G…

Azure Functions への Zip Deploy を Publish Profile を使って行う方法

普段は Visual Studio からデプロイ先の Azure Functions を選んで Zip Deploy 用のプロファイルを作成していますが、たまに Visual Studio で Publish Profile を使った Zip Deploy を行う場合に、その手順を毎回忘れてしまうのでメモとして残します。おま…

ASP.NET Core / Azure Functions アプリケーションの発行後サイズを削減する

Azure Storage を使った Run From Package で公開している Azure Functions 向けパッケージの転送量が、最近になって急激に増えたのでパッケージのサイズを削減して、Azure Functions で実行するための最適化を行ったのでメモとして残します。何故マネージコ…

Azure Functions の Retry Policy 機能を使って信頼性の高い処理を実装する

GitHub 上で開発が進んでいることは把握していましたが、ついに待望の Retry Policy 機能が Azure Functions に実装されました。まだ Preview 扱いのようですが、1 年以上は待った気がします。単純にリトライするだけであれば Polly などを使えば済みますが…

複数の App Service / Azure Functions へのデプロイを GitHub Actions を使って並列に実行する

少し前に書いたエントリの続きに近い内容ですが、実際に GitHub Actions を使って複数の App Service / Azure Functions へのデプロイを並列実行するという話です。ビルドに関しては並列実行しても効果が薄いケースが多いですが、デプロイは前回書いたように…

Azure Functions のストレージを VNET 経由に制限する機能が Preview になったので試した

Azure Functions は Premium V2 / V3 や Premium Consumption を使うことで Regional VNET Integration を有効化しつつ、更に Service Endpoint や Private Endpoint で Azure リソースへの制限が行えますが、同時に作成されるストレージアカウントはパブリ…

Azure Functions で ReadyToRun を有効化してコールドスタートの高速化を図る

以前に Azure Functions のアップデートで ReadyToRun が使えるようになったと書きましたが、64bit OS 上では win-x64 向けの ReadyToRun コンパイルしか行えなかった問題が直ったので真面目に計測しました。ReadyToRun の説明は既に何回か書いたので省略し…

Azure Functions におけるスケーリングの基本的な考え方

最近は Azure Functions でのスケーリングに関する質問をよくされるのと、自分自身が仕事で効率良くスケーリングが可能な Function 実装を行う必要が多かったのでまとめておきます。今回はスケールアップではなく、スケールアウトの方を指しています。事前に…

Azure Functions におけるロガーの扱いとフィルタの注意点

最近の Azure Functions 開発ではバインディングやトリガーなどに必要なものだけをメソッドのパラメータとして定義して、それ以外は全て DI を使ってコンストラクタから取るようにしていますが、Azure 上のみロガーから Application Insights に送信されない…