しばやん雑記

Azure Serverless とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

CsWin32 で Win32 API や COM を使ったアプリケーション開発を効率化する

これまで P/Invoke 定義はドキュメントやヘッダーファイルから手書きすることが多かったのですが、最近は必要な Win32 API や COM インターフェースが多くなってきたので CsWin32 を使って自動生成しています。CsWin32 自体は win32metadata というプロジェ…

NZXT H1 V2 と Alder Lake-S で小型ゲーミング PC を自作した

2 年前に NZXT H1 が発売されたタイミングで Comet Lake-S ベースのゲーミング PC を組んだので、主に beatmania IIDX INFINITAS で遊んできましたが GPU パワーの不足を感じるようになったのと、H1 Version 2 が発売されたので新しく自作しました。古い H1 …

Azure Functions (Windows / Linux) へのデプロイを行う方法と挙動の違いをまとめた

最近は Visual Studio 2022 + C# 以外で Azure Functions を作成することが増えてきました。その場合は主に Visual Studio Code を使ってプロジェクト作成からデプロイまで行うのですが、Azure Functions を実行する OS とデプロイに利用する方法で若干挙動…

Azure App Service の Regional VNET Integration が Basic SKU でも利用可能に

これまで実質的に Premium V2 / V3 が必要だった Regional VNET Integration が Basic でも利用可能になりましたが、例によって使えるかどうかはデプロイされている Scale unit に依存するので簡単にまとめます。正確には Regional VNET Integration と Priv…

Azure Cloud Services (Classic) のリタイア予定と PaaS のインフラが VMSS へ移行されている話

PDC 2008 で Azure が発表された時から存在していた純粋な PaaS と言える Cloud Services (Web Role / Worker Role) ですが、ついにリタイアの日程が 2024/8/31 に決まったようです。今では Cloud Services を直接利用しているケースはかなり少ないと思いま…

新しい Azure Front Door が GA した件と Application Gateway との使い分けについて

1 年ぐらい Public Preview だった Azure Front Door の Standard / Premium がやっと GA しました。ぶっちゃけ機能的には劇的な変化はないですが、長らく問題となっていた Subdomain Takeover 対策が標準で入ったことや、Private Link を使ってオリジンへの…

複数の Azure AD テナントに対応した Service Principal を作成して Terraform から利用する

App Service と Azure AD B2C というように Azure AD テナントが分かれている場合には、いつも通りの Service Principal を使った方法だと、当然ながらどちらかのテナントしか操作できません。以前書いたように Azure AD B2C 側のアプリケーションを管理しつ…

App Service Authentication と Azure AD B2C の組み合わせでログアウトを正しく実装する

少し前に App Service Authentication が OpenID Connect に対応したので、様々な IdP を利用することが出来るようになりました。Azure AD B2C も OIDC 対応によって正式利用が可能になった IdP の一つです。 ログアウト後のリダイレクト先を指定する App Se…

GitHub Codespaces と Prebuilding Codespaces を使ってサクサク起動する Miniconda の環境を構築する

最近は C# と Node.js 以外の環境は WSL 2 や GitHub Codespaces を使って用意することが多いのですが、Conda (Miniconda) を使った環境の構築時にかなりハマったのでメモとして残します。結果的にはまずまずの環境が出来たと思っていますが、思ったより情報…

GitHub Actions の OpenID Connect と Azure AD を利用して Client Secret の管理を不要にする

激しく今更ですが、GitHub Actions の OpenID Connect 対応を利用して Azure リソースや Azure AD 自身へのアクセスを Client Secret 無しで行ってみます。ぶっちゃけ全ては watahani さんのブログを読んでもらえれば良いのですが、少し時間が経過したことも…