読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しばやん雑記

ASP.NET とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

ASP.NET MVC 3 開発入門 (21.5) - Tools Update インストール後の変更点

ASP.NET MVC 3 開発入門 - インデックス

MIX11 で ASP.NET MVC 3 Tools Update が公開されました。日本語版はまだ公開されていませんが、コントローラ・ビュー作成周りが大幅に変更されているのでフォローアップを行っておきたいと思います。

アップデート自体は Web PI 経由でのインストールか以下のリンクよりインストーラのダウンロードが出来ます。

Download ASP.NET MVC 3 Tools Update from Official Microsoft Download Center

ちなみに今回のアップデートは Visual Studio 2010 での MVC 3 サポート機能に対するものなので System.Web.Mvc.dll には変化ありません。それでは変更点についてエントリ毎に補足していきます。

プロジェクトの作成

ASP.NET MVC 3 開発入門 (2) - プロジェクトを作成 - しばやん雑記

プロジェクト作成時に表示される「New ASP.NET MVC 3 Project」ダイアログに項目が追加されています。

テンプレートの種類に Intranet Application が追加になりました。選択すると Windows 認証を使うテンプレートが生成されます。そして「Use HTML5 semantic markup」というチェックボックスが追加されています。チェックを入れるとセマンティックタグを使ったビューが生成されます。

コントローラの追加

ASP.NET MVC 3 開発入門 (5) - コントローラの追加 - しばやん雑記

今回のアップデートで一番変わったのが「コントローラの追加」ダイアログです。見てもらえればわかるように、原型がわからないほど変更されています。

重要なのが Template: のドロップダウンリストです。項目は以下のようになっています。

  • Empty controller
    • 空っぽのコントローラを作成
    • 以前の「各シナリオのアクションメソッドを追加する」にチェックを入れていない時と同じです
  • Controller with read/write actions and views, using Entity Framework
    • 各アクションメソッド、関連するビュー、Entity Framework 4.1 を使ったコードを作成
  • Controller with empty read/write actions
    • 各シナリオのアクションメソッドを作成
    • 以前の「各シナリオのアクションメソッドを追加する」にチェックを入れた時と同じです

新機能としてモデルクラスからのフルスキャフォールディングが追加されましたので、モデルクラスを作成するとコントローラ、アクション、関連するビュー、Entity Framework 4.1 コードファーストの DbContext クラス、基本的なアクション用のコードが自動生成されます。

しかし、今回はリポジトリパターンを使ってモデル周りを実装しましたので、フルスキャフォールディング機能は使いませんので「Controller with empty read/write actions」を選択してください。

その他

それ以外に jQuery などが NuGet パッケージとして追加されるようになったので、簡単に更新が行えるようになりました。

フルスキャフォールディングに関しては今回の開発入門では使いませんが、リポジトリパターンを利用しない場合にはモデルクラスを作成するだけで CRUD 操作を行うアクションメソッドとビューの実装、Entity Framework 4.1 の DbContext クラスなどを作成してくれるので非常に便利です。

一度、プロジェクトを作成してその便利さを実感してもらいたいですね。