しばやん雑記

ASP.NET とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

ASP.NET アプリケーションを CodePipeline と CodeBuild を使って Elastic Beanstalk にデプロイする

AWS CodeBuild が Windows にも対応してやりたいことは、やはりビルドしたアプリケーションを何処かにデプロイすることでしょう。少なくとも私はそうだったので、CodePipeline を組み合わせて試しました。

CodeBuild の Windows 対応はこないだ書いたので説明はしません。

ASP.NET アプリケーションをデプロイ用にビルドする際は、やはりビューをプリコンパイルしておきたくなるので、発行プロファイルを作成して管理することにしました。

buildspec.yml で発行プロファイルを使うように書けば、勝手にプリコンパイルされて便利です。

version: 0.2

phases:
  pre_build:
    commands:
      - nuget restore
  build:
    commands:
      - msbuild WebApplication12.sln /p:Configuration=Release /m /v:m /t:Package /p:PublishProfile=CustomProfile
artifacts:
  type: zip
  files:
    - artifacts/*
  discard-paths: yes

今回は artifacts の設定を変更して、指定したディレクトリ以下をアップロードするようにしました。前の方法では CodePipeline を組み合わせた時に 2 重に zip されてしまい、Elastic Beanstalk へのデプロイが上手くいかなかったからです。

artifacts 以下には予め Elastic Beanstalk にデプロイするためのマニフェストを入れておきました。ASP.NET Core 用みたいに紹介されてますが、MSDeploy 向けにも使えます。

{
  "manifestVersion": 1,
  "deployments": {
    "msDeploy": [
      {
        "name": "Web app",
        "parameters": {
          "appBundle": "WebApplication12.zip",
          "iisPath": "/",
          "iisWebSite": "Default Web Site"
        }
      }
    ]
  }
}

実際のリポジトリ内では以下のように配置してあります。msbuild がビルド結果の zip をこのディレクトリに保存してくれるので、良い感じのパッケージが作れるというからくりです。

f:id:shiba-yan:20180528002734p:plain

コードの準備は出来たので CodePipeline を新しく作成します。

特に説明することはなく、GitHub からソースを取得して、CodeBuild を使ってアプリケーションをビルド、そして最後は Elastic Beanstalk にデプロイという、シンプルなパイプラインです。

f:id:shiba-yan:20180528000443p:plain

パイプラインを実行すると、CodeBuild で ASP.NET アプリケーションがビルドされて、Elastic Beanstalk にアーティファクトがデプロイされます。ビルドログもおまけで載せます。

f:id:shiba-yan:20180528002839p:plain

そしてしばらくすると Elastic Beanstalk へのデプロイが完了するので、無事に ASP.NET アプリケーションが見れるようになります。

ちょっとアーティファクト周りの扱いが嫌な挙動でしたが、パイプライン自体は簡単に作れました。

f:id:shiba-yan:20180528002652p:plain

デプロイ先としては Windows の場合は Elastic Beanstalk ぐらいしか、簡単に扱えるものが無さそうなのが少し残念ですね。CodeDeploy を組み合わせれば、もうちょっと自由度は上がりそうですが EC2 の管理はあまりしたくないですね。

EKS が Windows に対応したり、CodeBuild が Windows でも Docker Image が作れるようになれば、もうちょっと楽しくなりそうだと感じました。