しばやん雑記

ASP.NET とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

Azure SignalR Service の GA と ASP.NET SignalR への対応がプレビューになったので試した

これも Ignite 2018 で発表されましたが、予定通り Azure SignalR Service が GA となりました。

分かりやすい変更点としては SLA 99.9% が付いたり、Standard Tier での 100 units までのスケールアウトがサポートされて、仕様上は 10 万コネクションまで扱えるようになりました。

GA 後の Standard Tier の価格は 1 unit 当たり 2800 円 / 月ぐらいなので、Redis Cache のサイズなどで悩んだりするより、SignalR Service に移行した方が全体的なコスト最適化となる可能性が高いですね。

今後は Standard より上の Tier も出るみたいですし、スケーリングに関しては大体のケースで問題となることは無くなるでしょう。ちなみに今回は珍しく Japan East に最初からデプロイされました。

それよりも気になったのは、サポートされているライブラリの紹介の 1 文です。

The Azure SignalR Service supports existing libraries for ASP.NET Core, ASP.NET, Java, and JavaScript clients, opening this service to a broad array of developers.

ASP.NET Core や Java / JavaScript は分かるんですが、ひっそりと ASP.NET も入っています。

気になったので Ignite 2018 の SignalR Service セッションを確認すると、Core じゃない ASP.NET SignalR を使って SignalR Service を利用するデモが行われていました。

ひっそりと ASP.NET SignalR 向けのライブラリが公開されていましたが、ダウンロード数が少ないですね。

ASP.NET Core SignalR への移行は地味に面倒な部分があるので、既に ASP.NET SignalR でアプリケーションを動かしている場合でも SignalR Service が選択肢に入りそうです。

早速なのでサンプルアプリケーションを使って試しておきました。とりあえず SignalR Service を新しく作るところから始めます。

f:id:shiba-yan:20180928234535p:plain

何となく Japan East にデプロイしました。とりあえず 2 units を使うようにしてあります。

サンプルアプリケーションは懐かしい Stock Ticker を使いました。空の ASP.NET プロジェクトに NuGet からインストールするだけなので非常に楽です。同時に先ほどのライブラリもインストールします。

SignalR Service を使うための設定は OWIN Startup で呼び出されている MapSignalRMapAzureSignalR に変更するだけです。この辺りは Core SignalR と同じような感じです。

public class Startup
{
    public void Configuration(IAppBuilder app)
    {
        // ↓ は要らない
        //app.MapSignalR();

        // applicationName は適当で良い
        app.MapAzureSignalR(GetType().FullName);
    }
}

最後に Azure Portal からコピーしてきた SignalR Service の接続文字列を Web.config に追加します。

名前はデフォルトだと Azure:SignalR:ConnectionString が使われるので、今回はその名前で追加しました。MapAzureSignalR の呼び出し時に明示的に設定も出来るみたいです。

f:id:shiba-yan:20180928234543p:plain

これで SignalR Service を使う設定は完了です。Core SignalR と同じぐらい簡単に設定できました。

最後にちゃんと SignalR Service が使われているのか動作を確認するわけですが、分かりやすいのは WebSocket の接続先が SignalR Service になっているかどうかです。

f:id:shiba-yan:20180929000611p:plain

無事に接続先が SignalR Service になっていることが確認出来ました。簡単でしたね。

とはいえ、個人的には ASP.NET Core SignalR に移行が可能な場合は、そっちに移行した方が良いと思っています。今回の ASP.NET SignalR への対応のために SignalR 自体もバージョンが上がっていて、地味にプロトコルバージョンが 2.0 に変わっています。

なので、C# / JavaScript 以外のクライアントを使っていると動作しない可能性が高いです。注意しましょう。