読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しばやん雑記

ASP.NET とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

Knockout.js の paging extender を使ってページングを実装する

Knockout.js で項目のページングを行う方法として、公式サンプルにある simpleGrid を使う方法があります。

f:id:shiba-yan:20141104014702p:plain

Knockout : Paged grid

名前からわかるように、ページング用と言うよりも簡単に GridView を作るための ViewModel になります。*1

もうちょっと汎用的に使えるページング用の実装が欲しかったので調べていたら、JSFiddle で paging extender と言うものを見つけました。

extender を使って observableArray にページング用のメソッドやプロパティを追加するので、結構スマートに書けているし実装が分離出来ていていい感じです。

ちょっとごちゃっとしてるので、最低限のコードだけ引っ張ってきました。

<ul data-bind="foreach: tweets.currentPageData">
  <li data-bind="text: status"></li>
</ul>

<button data-bind="click: tweets.movePrevious">prev</button>
<button data-bind="click: tweets.moveNext">next</button>

<script>
var viewModel = {
  tweets: ko.observableArray([...]).extend({ paging: 10 });
};

ko.applyBindings(viewModel);
<script>

疑似的なコードですが、こんな感じでページングの処理を簡単に書けます。

元になるコレクションには全てのデータを読み込んでおく必要がありますが、Ajax を使って非同期に読み込めば問題ないかと思ってます。ViewModel より extender の方が良い感じに分離出来て便利そうです。

*1:3.2 では Component を使った方が上手く書けるかも