読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しばやん雑記

ASP.NET とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

格安航空会社 (LCC) に乗りまくった感想

去年は日本に 3 つの LCC が誕生しました。内訳は関西国際空港をメインとするピーチ・アビエーション、成田国際空港をメインとするエアアジア・ジャパンとジェットスター・ジャパンです。

実は ANA 系のピーチとエアアジア、JAL 系のジェットスターという感じになっています。今回、自分が普段から LCC をよく使っているというか去年だけで 20 回ぐらい乗ったので、ちょっと特徴や各社の違いについて書いていきます。

特徴

関西国際空港、成田国際空港では航空機までバスで移動します。なので、ANA や JAL のようにボーディングブリッジを使う航空会社に比べて、搭乗時刻にシビアです。LCC を利用する時には時間に余裕を持って行動しないと、予約していた便に乗れないという事態も容易に発生します。

余談ですが、航空機は 3 社ともエアバス社の A320 の新造機を使用しています。A320 は航空機として枯れた機材で信頼性が高く、新造機は中古よりも初期投資は割高でも、故障などが少ないのでメンテナンスコストを抑えることが出来ます。そして革張りのシートを採用して、清掃を容易にする工夫がされています。*1

価格について

大手に比べると尋常じゃないぐらい安いです。タイミングが良ければ成田と札幌を 1 万円あれば往復できるぐらい安いです。

LCC は安全性と引き換えに低価格を実現しているのではなく、大手のようなサービスを有料にして最低限のサービスだけを提供し、さらに所有している航空機を最大限利用することで、効率を上げています。

なので係員のいるゲートでのチェックインを使うと有料ですし、手荷物を預ける場合も大手では無料枠がありますが、LCC では 1 個から有料です。さらに飛行中には飲み物や音楽のサービスなど、全くと言っていいほどありません。

遅延について

少ない飛行機で最大限回しているので、どこかで遅れが発生するとその後の運行全てに影響してくるのが LCC の特徴です。もし、遅れて空港から帰れなくなったとしても、タクシー代とかホテルとかの保証はないです。というか、数千円という料金でそこまで求めるのはあまりにも過剰すぎると思うので、そういった人は ANA とか JAL を使えばいいと思います。*2

LCC を使う場合には余裕を持ったスケジュールで動きましょう。

ピーチ

f:id:shiba-yan:20130217220756p:plain

当初は関西国際空港の外にあるエアロプラザから搭乗を行っていたので間違えやすかったですが、今は LCC 専用ターミナルが作られたので使い勝手が向上しています。

料金

通常料金に相当する「ハッピーピーチ」と座席指定や荷物預けのオプションが付いた「ハッピーピーチプラス」の 2 種類があります。

自分が乗った時には、最終便の場合に機内食が安く販売されてました。

座席指定

基本的に有料です。通常の席より間隔が広い「ストレッチシート」が選択可能ですがちょっと割高になります。

その他

キャビンアテンダントはピーチらしい色合いの可愛らしい制服です。

エアアジア

f:id:shiba-yan:20130217220951p:plain

当初は成田国際空港の敷地内にあるプレハブのような搭乗口でしたので、スタートダッシュに失敗した感じが否めないですが、今は専用のターミナルが完成したので解消されました。

料金

プロモーション料金と通常料金がありますが、名前の通りプロモーション料金は何らかのキャンペーンを行っていた時に選択可能になる料金です。

基本的はベースとなる料金があって、それにオプションを追加していく感じ。機内食を申し込んでおくと 10% 安いし、メニューが美味しそう。

座席指定

基本的に有料です。優先登場が可能な「ホットシート」が 1-5 列目、12,14 列目に設定されていて、追加料金を支払うことで選択可能です。ホットシートの 1 列目と 12,14 列目は足元が広い座席になります。

ちなみにホットシートの 12,14 列目は非常口の座席なので、指定するためには条件をクリアしないといけません。

その他

キャビンアテンダントは赤と白のタイトな制服で非常にセクシーです。*3

ジェットスター

f:id:shiba-yan:20130217221113p:plain

ジェットスターは早いうちから成田国際空港でも専用の搭乗口を持っていたので、LCC の中では一番環境は整っていたように感じます。ベッキーの CM でもおなじみ。

料金

基本となるのは一番安い Starter 料金ですが、その中にも Starter Plus と Starter Max というオプション付きの料金があります。Starter Max は座席指定とかいろいろと無料で選択できるようになりますが、ぶっちゃけ割高すぎます。

座席指定

基本的に有料です。早めに飛行機から降りれる「アップフロント・シート」と足元が広い「エクストラ・レッグルーム・シート」がありますが、もちろん追加料金が必要です。

ちなみにエクストラ・レッグルーム・シートは非常口の座席なので、指定するためには条件をクリアしないといけません。

その他

国内の LCC では唯一、関空と成田の間を飛んでます。新幹線より安く東京に行ける可能性も。

まとめ&個人的な感想

別にサービスが悪いとかは全くないので、関空や成田まで行くのが辛くない人は使ってみてもいいと思います。とにかく運賃が安いので気軽に使ってみるのがおすすめ。

後は成田や関空では飛行機までバスで移動してタラップで搭乗するので、飛行機好きにはかなり近づいて給油作業とかも見れるので面白いかもしれません。バスで移動中には空港で働く変わった車も見れるので子供は喜ぶかも。

*1:飲み物をこぼしたときに染み込んだりしないから

*2:以前、新千歳空港で係員に「遅れたんだから保証を~」とか言ってた人がいて、お姉さんが大変そうだった

*3:エアアジア CTO の趣味という噂もあるらしい。いい趣味してる。