読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しばやん雑記

ASP.NET とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

DataType 属性でお手軽 HTML5 Input Types 対応

ASP.NET MVC HTML5

DisplayFor/EditorFor と DataType の不文律 - しばやん雑記 で DisplayFor/EditorFor を使うときには DataType 属性を付けるのは常識(キリッ と書きました。しかし、DataType 属性でメタデータを付けてあげても、対応した HTML5 input types が出力されず、かなり (´・ω・`)ショボーン な感じでした。

しかし、MVC 4 では・・・。

http://aspnetwebstack.codeplex.com/SourceControl/network/forks/migueldeicaza/MyFirstFork/contribution/2028

キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!

ASP.NET MVC / Web API / Web Pages のソースコードが Git で公開されてから、初めて受け入れられた Pull Request がなんと Mono の中の人からという。「From Xamarin with Love!」というコメントからにじみ出るイケメンさがたまりませんね。

というわけで、おそらく MVC 4 の正式版では DataType 属性を付けておくと、適切な HTML5 input types が出力されるようになります。少なくとも Nightly 版では出力されているので、対応したブラウザでは専用の UI が表示されたり、自動的にエラーチェック(JavaScript を使ったクライアントサイド検証とは異なる)が行われるステキ仕様です。

DataType 属性 出力される type 属性
DataType.PhoneNumber type="tel"
DataType.Url type="url"
DataType.EmailAddress type="email"
DataType.DateTime type="datetime"
DataType.Date type="date"
DataType.Time type="time"

そして DataType 属性は関係ないですが、プロパティが数値型の場合には type="number" が出力されるようになっています。

とりあえず実際に試してみましょう。ということで簡単なモデルクラスを用意しました。

public class User
{
    public int UserId { get; set; }

    public string Name { get; set; }

    [DataType(DataType.Url)]
    public string Url { get; set; }

    [DataType(DataType.EmailAddress)]
    public string Email { get; set; }

    [DataType(DataType.Date)]
    public DateTime Birthday { get; set; }

    public int Age { get; set; }
}

ちゃんと DataType 属性を付けておきます。

これを MVC 4 Beta で実行したときに出力される HTML は以下のような感じです。

<div class="editor-label">
    <label for="Name">Name</label>
</div>
<div class="editor-field">
    <input class="text-box single-line" id="Name" name="Name" type="text" value="" />
</div>

<div class="editor-label">
    <label for="Url">Url</label>
</div>
<div class="editor-field">
    <input class="text-box single-line" id="Url" name="Url" type="text" value="" />
</div>

<div class="editor-label">
    <label for="Email">Email</label>
</div>
<div class="editor-field">
    <input class="text-box single-line" id="Email" name="Email" type="text" value="" />
</div>

<div class="editor-label">
    <label for="Birthday">Birthday</label>
</div>
<div class="editor-field">
    <input class="text-box single-line" id="Birthday" name="Birthday" type="text" value="" />
</div>

<div class="editor-label">
    <label for="Age">Age</label>
</div>
<div class="editor-field">
    <input class="text-box single-line" id="Age" name="Age" type="text" value="" />
</div>

すべて type="text" で出力されていて残念な感じですね。

しかし Nightly 版の MVC 4 で実行すると以下の通りです。

<div class="editor-label">
    <label for="Name">Name</label>
</div>
<div class="editor-field">
    <input class="text-box single-line" id="Name" name="Name" type="text" value="" />
</div>

<div class="editor-label">
    <label for="Url">Url</label>
</div>
<div class="editor-field">
    <input class="text-box single-line" id="Url" name="Url" type="url" value="" />
</div>

<div class="editor-label">
    <label for="Email">Email</label>
</div>
<div class="editor-field">
    <input class="text-box single-line" id="Email" name="Email" type="email" value="" />
</div>

<div class="editor-label">
    <label for="Birthday">Birthday</label>
</div>
<div class="editor-field">
    <input class="text-box single-line" id="Birthday" name="Birthday" type="date" value="" />
</div>

<div class="editor-label">
    <label for="Age">Age</label>
</div>
<div class="editor-field">
    <input class="text-box single-line" id="Age" name="Age" type="number" value="" />
</div>

はい、ちゃんと type 属性の値が url や email など適切なものが設定されていますね。

これを Google Chrome で実行すると入力チェックを行ってくれたりします。

よく見れば Age にはスピンボタンが付いていますね。これで数値のみ入力が可能という仕組みになっているわけです。

そして HTML5 Input Types に一番対応している Opera で実行すると、Birthday にも専用の UI が表示されます。

PC 向けではまだまだ実装が進んでないですが、スマートフォン向けブラウザでは結構実装が進んでいるので、めんどくさい入力をユーザーに強いることなく、さらにお手軽に対応できるのは素敵ですね。