しばやん雑記

Azure Serverless とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

Azure Front Door Premium から Static Web Apps へのアクセスを Private Endpoint で保護する

少し前に Static Web Apps の Private Endpoint 対応がプレビューとして公開されました。Static Web Apps が GA のタイミングで使えるという話だったのが遅れてリリースされたものになります。Private Endpoint を使うことで Express Route を経由して Priva…

Azure Cosmos DB を ASP.NET Core の分散キャッシュのバックエンドとして利用する

少し前に Cosmos DB を ASP.NET Core の Distributed Cache Provider として使うライブラリの正式バージョンがリリースされました。ASP.NET 向けにも同じようなライブラリは出ていましたが、こちらは Cosmos DB SDK v3 で構築された最新版です。重要なことは…

GitHub Actions / Azure Pipelines 上で Azurite と Cosmos DB Emulator を使ったテストを実行する

GitHub や Azure DevOps を使った開発フローにテスト実行を組み込むのは一般的に行われていると思いますが、Azure Storage や Cosmos DB などに依存するテストを実行する際には、実際のリソースにアクセスさせるのではなくローカルで完結させたいことが多い…

App Service Authentication で Azure AD と Microsoft Account を使ったログインを実装する

App Service Authentication は非常に便利でかなり頻繁に使っていますが、基本はシングルテナントの利用が多く、Microsoft Account を使ったログイン方法に関してはこれまで試したことが無かったのと、NuGet のログイン画面を見て実現方法に興味を持ったので…

Windows / Visual Studio 使いが WSL 2 / Visual Studio Code で環境構築した時の手順

基本的には Windows と Visual Studio を使って Azure Functions や GitHub で公開しているアプリケーションとライブラリを書いていますが、最近は Python や Go を書く必要がちょいちょい出てきたので、色々と観念して WSL 2 の環境を構築して使っています…

Terraform Provider for Azure の開発環境を VS Code Dev Container で構築する

Azure 環境での IaC には Terraform をメインで使っていますが、ARM Template や Bicep と異なり Terraform は ARM REST API ベースで構築されているので、新しい機能の場合は Azure SDK を更新しつつ Provider に機能を追加というステップを踏む必要があり…

新しく Azure Durable Functions に追加された Netherite Storage Provider を一通り試した

これまで Azure Storage (Queue / Table) が使われてきた Durable Functions の Storage Provider ですが、今年に入ってからパフォーマンス重視の Netherite とポータビリティ重視の MS SQL が公開されています。Azure Functions 上で動かす場合には MS SQL …

Run From Package と Managed Identity を使った App Service / Azure Functions のデプロイ戦略

App Service / Azure Functions のシークレットを安全に扱う際に利用する Key Vault Reference が User Assigned Managed Identity に対応しつつ、Linux 周りであった色々な制限が削除されたのと同時に、突然 Run From Package でも Managed Identity が使え…

Azure Functions Linux の Custom Image でベースとして利用可能な Docker Image について

Azure Functions の Linux では標準で用意されている Docker Image をベースにして、独自に必要なパッケージをインストールして実行環境をカスタマイズ出来るようになっています。ドキュメントでは Custom Image と呼ばれていますが、Azure Portal から Azur…

Durable Functions を使ってタイマーで起動される処理の開始時間をランダムに遅延させる

Azure Functions で TimerTrigger を使って特定の時間に起動される処理が増えると、それらはほぼ同時に実行されるため外部 API の呼び出し時にスロットリングが発生しやすくなります。特に Azure Functions は同一 Stamp に載っていると Outbound IP が被り…