しばやん雑記

ASP.NET Core とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

Azure Pipelines の Multi-stage pipelines でデプロイの承認機能を利用する

Azure Pipelines の YAML だと使えない機能だったデプロイの承認が、ちょっと前に使えるようになっていたらしいです。Pipeline Caching ばかり見てたので気が付きませんでした。承認を使いたいケースが地味にあるので、手元のプロジェクトで試してみました。…

C# で Interactive な Prompt を構築するライブラリを作った

C#

Go や Node.js 向けは見つけられたのですが、C# / .NET Core 向けは探しても見つからなかったので作りました。.NET Standard 2.0 なので .NET Core / .NET Framework の両方で動くはずです。CoreFx の Console ベースで書いていて、Windows / Linux / macOS …

Azure Pipelines でよく使う YAML のチートシートを作った

Azure Pipelines は YAML を使ってスクリプトを書くだけではなく、予め用意されたタスクを使って面倒な処理をシンプルに書くことが出来ますが、地味にはまるポイントも多いのでよく使う定義をメモしておきます。YAML Schema 読めば大体は理解できるはずです…

Node.js アプリを Azure App Service へ最適な形でデプロイする

何となく package.json を眺めていて、これまでは devDependencies も含めた形でデプロイしていたことがあったと思ったので、最適なパッケージをビルドしてデプロイする方法を確認しました。実際は Docker Image を Multi-stage build で作成するのと考え方…

Azure Pipelines のディレクトリを指す変数はどれを使うべきなのか調べた

Azure Pipelines を使っていて地味に悩むのがディレクトリの扱いです。一般的な CI SaaS だとソースがチェックアウトされたディレクトリを基準に、ビルドなり発行を行っていきますが、Azure Pipelines はディレクトリが複数用意されています。Predefined var…

AppVeyor を捨てて Azure Pipelines に全て移行した話

4 年ほど使ってきた AppVeyor にあった 30 近いプロジェクトを今日、隅田川花火大会という外に出たくないタイミングで断捨離しつつ全て Azure Pipelines に移行しました。最近は Azure Pipelines をガッツリ弄っていたので、すんなりと移行出来ました。*1全…

オフィスヨガでエンジニアとしての QOL を上げていく話

最近ヨガにはまっています。ちょっとスピリチュアルっぽさを感じるかも知れませんが、大真面目です。1,2 週に 1 度は六本木にあるゼンアーキテクツの事務所にヨガの先生を呼んで、みんなで 1 時間ほどアットホームな雰囲気でゆったりと行う習慣になっていま…

.NET Core 3.0 Preview 7 で Go Live が付いたので WPF アプリケーションを更に対応させた

WPF

タイトルの通り .NET Core 3.0 Preview 7 がリリースされ、このバージョンから Go Live が付くようになりました。プロダクション環境で使うことが出来るようになったということです。ちなみに GA は .NET Conf 2019 のタイミングという話です。つまり 9 月末…

Azure Artifacts で Public Feed を作れるようになっていた(おまけで Credential Provider も試した)

久し振りに Azure Artifacts を開いたら、いつの間にかに New public feed というボタンが追加されていたので試すことにしました。MyGet のように独自の公開リポジトリを利用出来るので、Azure Pipelines と組み合わせて Nightly Build の公開などに向いてい…

Azure Pipelines の Logging Commands が扱いにくいので CLI を作った

Azure Pipelines は Job から標準出力に特殊なテキストを書き出すと、それをコマンドとして扱う機能があります。Logging Commands と呼ばれているみたいですが、ログ以外にも機能があります。この形式がとにかく分かりにくいし、毎回 echo や Write-Host を…