しばやん雑記

ASP.NET Core とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

Application Insights と KQL を使って複雑な解析を行いたい

最近は地味に KQL (Kusto Query Language) を書く機会が多くなってきたので、忘れないようにはまったポイントと書いたクエリを残しておくことにします。Application Insights を使っていますが、KQL 自体は Azure Data Explorer と同じなのでリファレンスは…

Application Insights に送信される HTTP テレメトリに詳細な情報を付けたい

Application Insights をインストールしておけば、HTTP や SQL などの外部リソースへのアクセスを追跡してくれますが、HTTP の場合は URL とステータスコードぐらいしか情報がないので微妙な時があります。HTTP レスポンスヘッダーに情報が入ってることが多…

Azure Functions の Premium Plan が Public Preview に

去年から Private Preview になっていた Azure Functions の Premium Plan が Public Preview に移行しました。ベースとなっている Premium V2 とはスケーリングの仕組みと課金体系が異なっているので、Consumption だとパフォーマンス不足なので App Servic…

新しい Azure Service Bus for .NET を使う際はコネクションの管理に注意

現時点で Service Bus for .NET クライアントは以下の 2 つが存在します。片方は昔からある .NET Framework 専用のクライアント、もう片方は .NET Standard 2.0 に対応した新しいクライアントです。新しいクライアントは AMQP がデフォルトで使われているの…

Windows Server 2019 時代の Windows Containers を使ったアプリケーション移行

Kubernetes が 1.14 から Windows Server 2019 をサポートするようになり、周辺ツールやサービスも整ってきた現状、今年こそ Windows Containers がぼちぼち使われるようになるのではないかと思っています。と言っても新規開発は ASP.NET Core を推奨してい…

MVP Global Summit 2019 に参加してきた

去年に続いて今年も参加してきました。今年は初の Azure カテゴリですが、去年と変わりません。例によって書きたいことだけダラダラと書いています。今年は往路で直行便の特典航空券が取れなかったので、仕方なくロサンゼルスを経由しました。実際ロサンゼル…

Durable Functions のエラーハンドリングと向き合う

Durable Functions は async / await で複雑なフローを簡単に書けるので便利ですが、エラーハンドリング周りに少し癖があるので基本的な処理方法をまとめておきます。ドキュメントはありますが、基本的すぎることしか書いてないです。以下の内容は Durable F…

ASP.NET Core Module V2 の In-Process Hosting はアプリケーションプールで 1 つだけ利用可能

ASP.NET Core 2.2 から使えるようになった ANCM V2 の In-Process Hosting はパフォーマンス面で有利なので使っていきたいし、そもそもデフォルトは InProcess になっているので勝手に使っていると思うのですが、タイトルの通りの制約があるので注意です。In…

Elastic Beanstalk で Windows Server Platform v2 が提供されるようになった

先月の話ですが、これまで Linux 系でしか提供されていなかった Platform v2 が、やっと Windows Server 2012 R2 / 2016 にも提供されるようになったようです。これで Linux 系と同様に拡張ヘルスレポートや Immutable でのデプロイも設定可能になりました。…

フリーランスになって 3 回目の確定申告を終わらせた話

今年も確定申告を freee で終わらせました。面倒な確定申告も 3 回目となると操作にも慣れてくるし、知識も付いてくるので楽になってきました。去年は 8 月からガチ無職だったり、入院とか検査とかいろいろあった関係で収入は少し減りました。後半は主にリモ…