しばやん雑記

ASP.NET Core とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

Windows 10 で Process Isolation を使う時の注意点など

Docker Engine 18.09.1 と Windows 10 Version 1809 の組み合わせ時に Process Isolation *1 が使えるようになっています。Windows Server Containers は Hyper-V Containers より軽量なので助かります。早速弄っていましたが、クライアント OS で使う場合に…

Azure CLI と Key Vault を使って自己署名証明書を作成する

たまに検証とかで必要になるので自己署名証明書を作ることがあるのですが、コマンドを毎回覚えていられないので最近は Azure Key Vault で作ってしまうことが多いです。Azure Portal から作るのは少し面倒なのと、内部で使われている API バージョンが古くて…

Durable Functions のオーケストレーターが失敗したことをキャッチしたい

Durable Functions ではアクティビティが失敗した場合にはオーケストレーターで例外が投げられるので、try ~ catch を使って簡単にハンドリングしたり、アクティビティの実行に CallActivityWithRetryAsync を使えばいい感じにリトライもしてくれます。以下…

Azure SignalR Service の Service Mode 設定による違い

Azure SignalR Service を仕事で少し使ったときに、設定が増えていることに気が付いたので調べたのですが、中の人に聞くまで情報がほぼ無かったのでメモとして残します。そして Serverless mode がかなり良かったので、それの紹介も簡単にですがします。チャ…

Azure Functions v2 でインスタンスメソッドも Function として利用可能に

先週リリースされた Azure Functions Runtime 2.0.12265 からは、インスタンスメソッドでも Function として扱われるようになりました。これまでは静的メソッドしか使えなかったので、モックしにくいとかいろいろ言われていたと記憶しています。リリースノー…

新しい Azure App Service の VNET Integration を試した

App Service の VNET Integration は Gateway が必要となる Point to Site VPN を使っていましたが、去年にプレビュー公開された新しい VNET Integration は Gateway 無しで VNET に参加できるようになってます。新しい VNET Integration については公式ブロ…

Azure Functions Proxies で実現出来ること

前にハッカソンを行った時に Azure Functions Proxies 周りの挙動が気になったので、一通り確認して気になったことを軽くメモとして残します。まずは公式ドキュメントと牛尾さんの Qiita を読めば大体は理解できるはずです。Azure Functions Proxies は名前…

ASP.NET Core の HSTS はデフォルトだと有効期間が短い

ASP.NET Core は 2.1 からプロジェクトの作成時に HTTPS 用の構成を有効化すると、デフォルトで本番環境の場合には HSTS が有効になっています。同時に HTTPS へのリダイレクトも有効になります。デフォルトの HSTS は有効期間が 30 日と短めになっています…

C# と Polly を使って回復力の高いアプリケーションを書く

昔のように高い信頼性を持つオンプレのハードウェア上で動いていたアプリケーションとは異なり、昨今のクラウド上で動いているアプリケーションは障害が発生する前提でコードを書く必要があります。クラウドのハードウェアは毎日どこかで壊れるので、それを…

2018 年の振り返りとフリーランス 3 年目の終わり

今年もあっという間に大晦日になってしまったので、今年やったことや印象深いことを書き出します。脳内の整理としても、書き出しておくのは良いと考えています。 3 年目も無事生き延びることが出来た 今年は祖母と母が亡くなったり、8 月には入院して検査し…