しばやん雑記

ASP.NET とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

.NET Core / ASP.NET Core 1.0 が RTM になりました

Red Hat DevNation 2016 で .NET Core 1.0 の RTM が発表されるはずですが、一足お先に SDK などが RTM になっていたのでインストールしました。詳しいことは @kosmosebi や @ufcpp が書いてくれます。

.NET のページから Preview の文字が消えて、各プラットフォーム向けの RTM な SDK がダウンロードできるようになっています。これはめでたい。

f:id:shiba-yan:20160628004800p:plain

ツールが含まれている .NET Core 1.0 SDK のインストールには Visual Studio 2015 Update 3 が必要なので、先にこっちをインストールしておきました。

f:id:shiba-yan:20160628004718p:plain

Downloads | Visual Studio Official Site

MSDN Subscription の方が少し早く公開されていたので、そっちからダウンロードしましたが、インストールには割と時間がかかりました。大体 40 分ぐらいです。

f:id:shiba-yan:20160628005702j:plain

途中で心配になる進捗が表示されたりしましたが、インストールは完了します。

f:id:shiba-yan:20160628004317p:plain

Update 3 のインストールが終わったら .NET Core for Visual Studio official MSI Installer をインストールすると、.NET Core と ASP.NET Core の開発環境が整います。Preview 2 ですけど。

.NET - Powerful Open Source Cross Platform Development

f:id:shiba-yan:20160628004322p:plain

とりあえずインストールして、基本的なプロジェクトを作成してみると RC 2 からまた変わっていました。具体的には Gulp 周りが消滅して、代わりに bundleconfig.json が追加されるようになっています。

f:id:shiba-yan:20160628004646p:plain

bundleconfig.json は CSS と JavaScript の minify を簡単に行える拡張機能の設定で、作者はいつもの人でした。RC 2 のリリース後に project.json は先が危ぶまれていましたが、RTM では残ったようです。

ドキュメントも少し抜けがありますが、ほぼ中身は揃った感があります。

ASP.NET Core Documentation — ASP.NET documentation

RC 2 から RTM へのマイグレーション方法は書いていなかったので、基本的には最新のパッケージへの更新ぐらいで問題ないのかもしれません。

Issues · aspnet/Announcements · GitHub

例によって、RC 2 から ASP.NET Core 周りは Breaking Changes がいくつもあるので、RC 2 から開発を始めていた人も Issue を見ておいた方が良いでしょう。

そしてリリースされたばかりの .NET Core 1.0 / ASP.NET Core 1.0 について話が聞ける勉強会が、来週の土曜に開催されるらしいです。

既にキャンセル待ち多数ですが、当日までどうなるかわからないので紹介しておきます。