しばやん雑記

ASP.NET とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

Windows Server Technical Preview 2 がリリースされたので IIS 10.0 について調べた

昨日行われた Ignite のキーノートで Windows Server 2016 について発表があり、Azure の仮想マシンで Technical Preview 2 が使えるようになっていたので、何時ものように IIS 周りだけ見ようかと思います。

発表内容については、まとめる速度 No.1 の抱かれたい男 No.1 ブログを見れば問題無いです。

Microsoft Ignite 2015 Keynote | ブチザッキ

基本的にイベントのキーノートでの発表内容や Azure のアップデートに関しては、朝起きるまでに No.1 がブログでまとめておいてくれるので、これからも安心して眠ることが出来ます。

IIS 10.0

クライアント向けの IIS Express は既に 10.0 になっていたみたいですが、Windows Server の方も IIS 10.0 になったようですね。単純に OS とバージョンを合わせただけで、特に意味は無いと思いました。

f:id:shiba-yan:20150505200504p:plain

ただし、これが互換性に影響するとは誰も思っていないのであった…。

HTTP/2

前の Technical Preview の時点で HTTP/2 Draft 14 への対応が入っていましたが、このリリースでは最新の仕様へ対応するようにアップデートされたようです。

ALPN で使われる識別子が h2-14 から h2 に変わっていました。

仮想環境のFirefox / Chrome では HTTP/2 で問題なく通信できました。Internet Explorer と Spartan は仮想環境だと何故か落ちてしまったので確認出来ませんでした。

f:id:shiba-yan:20150505200105p:plain

f:id:shiba-yan:20150505200156p:plain

Server Push にはまだ対応していない気がしましたが、今後の情報公開に期待したいです。

Request Filtering アップデート

Azure Web Apps だけで使えていた Request Filtering モジュールでの Server ヘッダー削除機能が、IIS 10.0 から標準で使えるようになっていました。

f:id:shiba-yan:20150505203955p:plain

QFE として Web Apps にはインストールされてましたが、取り込まれたみたいです。

バージョンが 10.0 になった影響

Windows Server TP 2 で Web PI を使って URL Rewrite や ARR をインストールしようとすると、IIS 7.0 以上が必要と言われてエラーになってしまいました。

f:id:shiba-yan:20150505205109p:plain

Windows 10 のカーネルバージョンが 6.4 から 10 に変更された時に言われていた互換性の問題が、先に IIS 10.0 で発生してしまった感じがあります。

why IIS 10.0 can not be install url rewrite 2.0 in win 10 preview : The Official Microsoft IIS Forums

既に IIS Forum で質問が上がっていましたが、回答が IIS のバージョン文字列をレジストリ弄って 9 にしろという、最高に後ろ向きな解決方法でした。IIS のモジュールは最近更新が無いので少し心配です。