しばやん雑記

ASP.NET とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

Azure WebJobs SDK で実行時に Blob の名前を指定する方法と Azure WebJobs Dashboard でデバッグが捗った話

先日、Azure WebJobs SDK の 0.6.0-beta が公開されました。ICollector<T> というテーブル向けのインターフェースが追加されたり、QueueTrigger を使っているメソッドの並列実行に対応したりしてます。

Announcing the 0.6.0-beta preview of Microsoft Azure WebJobs SDK - .NET Web Development and Tools Blog - Site Home - MSDN Blogs

割と大きな変更点としては public なクラスかつ public static なメソッドしかジョブとして判定されないので、デフォルトのコンソールアプリだと public なクラスになっていないのではまります。

さて、本題の Blob の名前を指定する方法ですが、世に溢れてるサンプルコードを見ると以下のように Blob 属性にコンテナとファイル名を直接指定しているものばかりです。

public static void WriteBlob([QueueTrigger("hoge") string message, [Blob("container/hoge.txt", FileAccess.Write)] Stream stream)
{
    using (var writer = new StreamWriter(stream))
    {
        writer.WriteLine(message);
    }
}

そんな同じファイルに書き込み続けるはずがないので、実行時に Blob のファイルパスを指定してバインドする方法を調べたところ、IBinder インターフェースを引数で取るようにすると、そこに内部で使っているバインダーのインスタンスが入ってくるようです。

そして IBinder インターフェースに用意されている Bind メソッドを使うと、実行時に任意の Blob へのバインドが可能のようです。

public static void WriteBlob([QueueTrigger("hoge") string message, IBinder binder)
{
    var attribute = new BlobAttribute("container/" + Guid.NewGuid() + ".txt", FileAccess.Write);
    var stream = binder.Bind<Stream>(attribute);

    using (var writer = new StreamWriter(stream))
    {
        writer.WriteLine(message);
    }
}

いまいちな感じがしますが、属性の制限があるので仕方ないのかもしれません。

なので以下のような拡張メソッドを用意して、適当にごまかすのが良いと思いました。

public static class BinderExtensions
{
    public static T BindBlob<T>(this IBinder binder, string blobPath, FileAccess access)
    {
        var attribute = new BlobAttribute(blobPath, access);

        return binder.Bind<T>(attribute);
    }
}

これで本題は終わりなんですが、今回の調査をしているときに Azure WebJobs Dashboard の機能が神がかってるなと思ったので紹介しておきます。

例えば、今回は QueueTrigger を付けているので実行するためにはキューにデータを入れないといけないですが、そのあたりは Dashboard に機能として用意されているので、ストレージクライアント弄ったりしなくても良いようになってます。

f:id:shiba-yan:20140914160346p:plain

追加するメッセージを入れて Run ボタンを押すとキューイングされるので、実行されるまで暫し待ちます。

f:id:shiba-yan:20140914160355p:plain

ちなみに既に実行済みのメッセージをリプレイすることも出来るので、デバッグ実行の時にはとても便利に使えます。Visual Studio からデバッガのアタッチも出来るので、そのあたり知っていると楽です。

実行が完了すると、画面のリロードすることなく情報が更新されます。

f:id:shiba-yan:20140914160402p:plain

ちゃんとバインダーを使って Blob に書きこんだことがログからも簡単に確認できます。作成された Blob のパス表示はリンクになっているので、ブラウザから簡単に結果の確認も出来ます。

Visual Studio 2013 Update 3 からは Azure WebJobs としてのデプロイが出来るようになったので、これからは積極的に使っていきたいと思います。