しばやん雑記

ASP.NET とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

Azure WebJobs SDK のバージョン 0.3 が公開されてました

だるやなぎ位置情報 API を実装するために Azure WebJobs SDK を久しぶりに NuGet で調べたら、久しぶりのバージョンアップで 0.3-beta が公開されていました。

NuGet Gallery | Microsoft.Azure.Jobs 0.3.0-beta

何と、今回はパッケージ ID と名前空間が変更されています。Windows Azure から Microsoft Azure に名前が変わってから、初めて名前空間が変わったパッケージになるんではないでしょうか。

ちなみに名前空間以外にも属性の名前が少し変わっていますので、対応付けを行っておきます。

0.2.x での名前 0.3 での名前
BlobInput BlobTrigger
BlobOutput Blob
QueueInput QueueTrigger
QueueOutput Queue

Input/Output という名前は止めて、Trigger という名前だけを使うようにしたみたいです。確かに、キューや Blob に追加されたタイミングで動くのでトリガーのがわかりやすいかもしれません。

簡単にサンプルコードを提示しておきます。

class Program
{
    static void Main(string[] args)
    {
        var host = new JobHost();

        host.RunAndBlock();
    }

    public static void ProcessQueueMessage([QueueTrigger("webjobs")] string inputText, [Blob("container/blob")] TextWriter writer)
    {
        writer.WriteLine(inputText);
    }
}

それ以外の目立った変更点は特に見当たらないので、属性名と名前空間を変えるだけで対応出来ると思いますが、アップデートを直接行うことは出来ないので一度古い SDK をアンインストールする必要があります。

Uninstall-Package Microsoft.WindowsAzure.Jobs
Uninstall-Package Microsoft.WindowsAzure.Jobs.Host

Install-Package Microsoft.Azure.Jobs -Pre

パッケージマネージャコンソールから叩き込むコマンドはこんな感じでしょうか。

今回のバージョンからは、サービスバスのキューやトピックを使うためのパッケージも用意されています。

NuGet Gallery | Microsoft.Azure.Jobs.ServiceBus 0.3.0-beta

使い方は ServiceBus 属性と ServiceBusTrigger 属性が追加されているので、ストレージの時と同様にパラメータに指定してあげるだけです。非常に簡単ですね。接続文字列は JobHostConfiguration にプロパティが用意されているので、設定するだけのお手軽仕様です。

f:id:shiba-yan:20140618232733p:plain

WebJobs SDK のアップデートと同時に Azure Web サイトにインストールされている Azure WebJobs Dashboard もバージョンが 0.3.1 にアップデートされています。

あと、あまり関係ないですが Kudu や Monaco もアップデートされています。