しばやん雑記

ASP.NET とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

Azure Web サイトの管理ポータルでの SSL と追加された気がするメトリックの話

たまたま Azure の管理ポータルを見てみると、Web サイトで警告が表示されていました。ダッシュボードを表示すると証明書の期限が近いらしいです。

f:id:shiba-yan:20140611202206p:plain

いつから表示されていたのかは覚えていませんが、ドメインにバインドされている SSL 証明書の期限前 30 日になると表示されるみたいです。

ちなみに状態も証明書の期限が近いメッセージになっていました。

f:id:shiba-yan:20140611202238p:plain

忘れやすい SSL 証明書の期限を、めちゃくちゃ目立つように教えてくれるのは助かりますね。

全く関係ないですが、IP SSL を有効にした場合には仮想 IP アドレスが表示されます。この IP アドレスは Azure の LB に割り振られているものになるのかと思います。

f:id:shiba-yan:20140611211803p:plain

ちなみに IP SSL を有効にした場合は、独自ドメインで A レコードを追加する時に指定する IP アドレスがこの仮想 IP アドレスになります。

そして何となく管理からメトリックの追加を選んでみると、見覚えのないメトリックがありました。

f:id:shiba-yan:20140612230847p:plain

  • AverageMemoryWorkingSet
  • AverageResponseTime
  • MemoryWorkingSet

の 3 つが追加されたんじゃないかと思っています。

f:id:shiba-yan:20140612231051p:plain

平均レスポンス時間を簡単に見れるのは便利な感じですね。