読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しばやん雑記

ASP.NET とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

Microsoft Azure Web サイトはモードによって IIS の設定が微妙に変わるらしい

何となく applicationHost.config を眺めていたら、Azure Web サイトのモードによって値が変化している部分があるような気がしたので差分を調べてみました。

FastCGI のワーカープロセス上限

IIS によって管理される FastCGI ワーカープロセスの上限がモードごとに異なっています。設定に関しては IIS 公式のリファレンスを見てください。

FastCGI Application <application> : The Official Microsoft IIS Site

Web サイトのモード maxInstances の値
無料 4
共有 8
基本 15
標準 15

デフォルト値は 4 らしいので、仮想マシンを占有するモードでは比較的多めにワーカープロセスを立ち上げることが出来るので、パフォーマンスを改善することが出来そうです。

リクエストキューの上限

仮想マシンを占有するかどうかで HTTP リクエストのキューの上限が変わっていました。この設定については TechNet の説明がわかりやすいかと。

サーバー ランタイム <serverRuntime>

Web サイトのモード appConcurrentRequestLimit の値
無料 5000
共有 5000
基本 32768
標準 32768

仮想マシンを占有するモードではデフォルト値よりも大きい値が設定されているため、SignalR などの WebSocket を利用するアプリケーションでは、パフォーマンスが改善される可能性がありますね。

monitoring の設定

公式ブログでも扱われた自動回復周りの設定を行う要素は、仮想マシンを占有するモードでのみ使えるようになっているみたいです。

詳しい設定方法に関しては公式ブログを読んだ方が良いですね。

Windows Azure Web サイトの自動復旧 - Microsoft Azure Japan Team Blog (ブログ) - Site Home - MSDN Blogs

Web サイトのモード 利用の可否
無料 ×
共有 ×
基本
標準

無料や共有ではアプリケーションが一定時間アイドルになったら、自動的にワーカープロセスが落ちるようになっているみたいなので不要ということでしょうか。

個人的には常時接続と組み合わせて利用する機能だと思ってます。