しばやん雑記

ASP.NET とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

ASP.NET MVC 5 での新規アプリケーション開発時に便利な設定をまとめてみた

自分が毎回新規で ASP.NET MVC アプリケーションの開発を始めるときに忘れるので、今までブログに書いた分をまとめてみました。

ASP.NET MVC 5 と限定してあるのは、5 より前のバージョンではバグ持ちの設定を紹介しているからです。

Razor のみを使う

ViewEngines.Engines.Clear();
ViewEngines.Engines.Add(new RazorViewEngine());

モバイルビューを無効にする

DisplayModeProvider.Instance.Modes.Clear();
DisplayModeProvider.Instance.Modes.Add(new DefaultDisplayMode());

生成される URL を小文字にする

public static void RegisterRoutes(RouteCollection routes)
{
    routes.LowercaseUrls = true;
}

生成される URL の最後にスラッシュを付ける

public static void RegisterRoutes(RouteCollection routes)
{
    routes.AppendTrailingSlash = true;
}

認証クッキーの名前を変更する

<authentication mode="Forms">
  <forms name="auth" />
</authentication>

CSRF 用クッキーの名前を変更する

AntiForgeryConfig.CookieName = "token";

セッションクッキーの名前を変更する

<system.web>
  <sessionState cookieName="session" />
</system.web>

認証クッキーで SSL を必須にする

<authentication mode="Forms">
  <forms requireSSL="true" />
</authentication>

CSRF 用クッキーで SSL を必須にする

AntiForgeryConfig.RequireSsl = true;

認証クッキー以外に httpOnly, secure 属性を追加する

<system.web>
  <httpCookies httpOnlyCookies="true" requireSSL="true" />
</system.web>

AntiForgery 使用時に X-Frame-Options ヘッダを出力しない

AntiForgeryConfig.SuppressXFrameOptionsHeader = true;

レスポンスヘッダに ASP.NET のバージョンを出力しない

<system.web>
  <httpRuntime targetFramework="4.5" enableVersionHeader="false" />
</system.web>

レスポンスヘッダに ASP.NET MVC のバージョンを出力しない

MvcHandler.DisableMvcResponseHeader = true;

レスポンスヘッダに X-Powered-By を出力しない

<system.webServer>
  <httpProtocol>
    <customHeaders>
      <remove name="X-Powered-By" />
    </customHeaders>
  </httpProtocol>
</system.webServer>

レスポンスヘッダに Server を出力しない

protected void Application_PreSendRequestHeaders()
{
    Response.Headers.Remove("Server");
}

IP アドレスでアクセス制限を行う

<system.webServer>
  <security>
    <ipSecurity allowUnlisted="false" denyAction="NotFound">
      <add allowed="true" ipAddress="127.0.0.1"/>
      <add allowed="true" ipAddress="::0"/>
    </ipSecurity>
  </security>
</system.webServer>

最後の方は設定という感じではなかったですが、まあ気にしない方向でお願いします。