しばやん雑記

ASP.NET とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

Xamarin.iOS で Facebook ログインを実装してみた話

iOS アプリで Facebook ログインを実装するためには、公式に提供されている Facebook iOS SDK を使うのが非常に手っ取り早いです。

Login for iOS

この SDK を使うと Facebook のネイティブアプリがインストールされている場合には、そのログイン情報を使ってくれるので非常に便利ですが、例によって Xamarin からそのまま使うことは出来ないです。

しかし、Xamarin Components Store として Facebook iOS SDK をインストール出来るようになっています。

f:id:shiba-yan:20140114011004p:plain

Facebook iOS SDK / Components / Xamarin

ちょっと前までは Binding に問題があり、SDK を追加すると Xcode を使ったインターフェースの修正などが行えなくなってしまっていましたが、最近公開された 3.11.0 ではそのバグが修正されていました。

[Facebook] Updated to version 3.11.0 and fixed a bug with Xibs that caus... · d0e1370 · mono/monotouch-bindings · GitHub

自分はこの問題に打ち当たったので、自分で DLL をビルドしましたが、公式で対応してくれたので実にありがたいことです。

プロジェクトに Facebook iOS SDK を追加し終わったら、後は Objective-C 版と変わらないコードを書くだけです。まずは AppDelegate ですが、AppId の設定と Facebook ネイティブアプリや Safari へ遷移してから戻ってきたときのハンドリングを追加します。

public override bool FinishedLaunching(UIApplication app, NSDictionary options)
{
	FBSettings.DefaultAppID = "************";
	FBSettings.DefaultDisplayName = "sampleapp";
}

public override bool OpenUrl(UIApplication application, NSUrl url, string sourceApplication, NSObject annotation)
{
	return FBSession.ActiveSession.HandleOpenURL(url);
}

public override void OnActivated(UIApplication application)
{
	FBSession.ActiveSession.HandleDidBecomeActive();
}

この辺りはテンプレ的なコードなので、特に気にすることなく追加しておけばいいかと思います。

後は実際にログインを開始するためのコードですが、今回は適当にボタンを追加して、そのアクション内でログインセッションを開始させてみます。

partial void loginClick(NSObject sender)
{
	var newSession = new FBSession();

	// セットしておかないと落ちる
	FBSession.ActiveSession = newSession;

	newSession.Open((session, status, error) =>
	{
		if (status == FBSessionState.Open)
		{
			// アクセストークンを取得した!
			var accessToken = session.AccessTokenData.AccessToken;
		}
	});
}

特に難しいことはしていないですね。実際にこのコードをシミュレータで実行してみます。

f:id:shiba-yan:20140114011019p:plain

URL Type を Info.plist に追加していないので、アプリ内で WebView を使って表示されていますが、適切に URL Type を設定しておけば、Facebook ネイティブアプリがインストールされている場合にはネイティブアプリで、それ以外の場合は Safari で表示されるようになります。

Xamarin Components Store には Json.NET や Azure Mobile Service なども用意されているので、インストールして試してみるのも面白いと思いました。