しばやん雑記

ASP.NET とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

ASP.NET and Web Tools 2012.2 で追加された Web 発行周りの新機能

ツイッターで以下のようなやり取りをしたので、ちょっとだけブログに書いてみようかと思いました。

Windows Azure Web サイトにデプロイしようとした時に、ソリューションエクスプローラーの右クリックメニューに発行系のメニューが追加されていたことに気が付きました。

f:id:shiba-yan:20130220172313p:plain

チャック氏曰く ASP.NET and Web Tools 2012.2 で追加された機能らしいので、リリースノートを読み直してみると以下のような記述がありました。

Web Publishing

  • Web site projects now have the same publishing experience as Web Application projects including publishing to Windows Azure Web Sites.
  • Selective publish – for one or more files you can perform the following actions (after publishing to a Web Deploy endpoint):
    • Publish selected files.
    • See the difference between a local file and a remote file.
    • Update the local file with the remote file or update the remote file with the local file.
ASP.NET and Web Tools 2012.2 Release Notes : The Official Microsoft ASP.NET Site

選択されたファイルの発行や、リモートファイルとの変更点をプレビューしたり、ローカルのファイルをリモートのファイルで置換したり出来るようになっていました。これは素晴らしく便利そうな機能ですね。

以下はサーバとのファイルの変更点をプレビューしてみた時です。

f:id:shiba-yan:20130220172923p:plain

そして、Web 発行アクティビティというウィンドウが追加されたみたいです。

f:id:shiba-yan:20130220172659p:plain

Windows Azure Web サイトでは Web 発行が使えるので最高に便利そうです。