しばやん雑記

ASP.NET とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

Active Directory と Team Foundation Server 2010 を構築しました

今まで色々とやってきましたが、ようやく本番環境を構築しました。今回は葉鍵兄者 (@kamebuchi) についったーで超お世話になりました。

そして今の構成は以下の通り。

ドメイン: bluesky.local

  • Windows Server 2008 R2 SP1 (waterlily)
    • Active Directory ドメインサービス
    • DNS サーバ
  • Windows Server 2008 R2 SP1 (aconite)
    • Web サーバ (IIS)
    • Team Foundation Server 2010
  • Windows 7 SP1 (snowdrop)
    • Expression Studio 4
    • Visual Studio 2010

Active Directory と Team Foundation Server 2010 は、メモリを 8GB 積んだ Mac mini (Mid 2010) 上に Parallels Desktop 6 を使って仮想化しています。

ちなみに Windows 7 SP1 が入ってるマシンは MacBook Pro 13 (Early 2011) を Boot Camp で使っています。

今回の手順 (サーバ構築編)

  1. Windows Server 2008 R2 をインストールし、役割として「Active Directory ドメインサービス」を追加
  2. dcpromo.exe を実行してドメインコントローラに昇格
  3. 一緒にインストールした DNS サーバのフォワーダに Google Public DNS (8.8.8.8) を追加
  4. AirMac Extreme の DHCP が配布する、プライマリ DNS をドメインコントローラの IP へ変更
  5. もう一つ Windows Server 2008 R2 を用意して、ドメインに参加させる
  6. TFS 2010 を入れるサーバを操作するためのアカウントを作成する(TfsAdmin, TfsService)
    • TfsAdmin はドメインアカウントかつ TFS 2010 を入れるサーバの Administrator グループ
  7. 先程作ったアカウント(TfsAdmin)でログインし、Team Foundation Server 2010 を基本構成を選んでインストール
  8. Team Foundation Server 2010 の構成で、サービスアカウントを先程作ったアカウント(TfsService)に変更
  9. グループメンバシップから追加したユーザーを Team Foundation Server 管理者グループに追加

今回の手順 (クライアント編)

  1. 普通に使う用のユーザーをドメイン管理者グループに追加
  2. Windows 7 をインストールした PC をドメインに参加させる
  3. 参加後、新しく追加したドメインユーザーでログイン
  4. Visual Studio 2010 や Expression Studio 4 をインストール
  5. Team Foundation Server 2010 への接続設定、チームプロジェクト作成

ついったーで @hidori さん @kkamegawa さん @libaty さんに丁寧に教えていただきました。ありがとうございました!!

さあ、これから楽しい楽しい TFS 2010 生活が始まりますよ!