しばやん雑記

ASP.NET とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

IIS 7.0 で静的コンテンツのクライアントキャッシュを有効にする

<staticContent> 要素の <clientCache> 要素は、インターネット インフォメーション サービス (IIS) 7.0 が Web クライアントに送信するキャッシュ関連の HTTP ヘッダーを指定します。これは、IIS 7.0 から返されるコンテンツを Web クライアントとプロキシ サーバーでキャッシュする方法を制御します。

クライアント キャッシュ <clientCache>

IIS 7.0 で追加された staticContent/clientCache を使えば、HTTP レスポンスの Cache-Control の値を変更できるようです。

IIS の管理ツールから変更できるようですが、レンタルサーバなどでは管理ツールへアクセスできないので直接 Web.config にセクションを追加することで設定できます。

<configuration>
  <system.webServer>
    <staticContent>
      <clientCache cacheControlMode="UseMaxAge" cacheControlMaxAge="1.00:00:00" />
    </staticContent>
  </system.webServer>
</configuration>

画像やスタイルシートなどのディレクトリに上記のような Web.config を追加するだけで、クライアントキャッシュを有効にできるお手軽さがいいですね。

Web.config には知らないことが多すぎて色々困ります。