しばやん雑記

ASP.NET とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

コレクションビューとか

現時点では MiniTwitter のタイムライン表示は ObservableCollection に突っ込む前に List に突っ込んで、それから日付順でソートさせたりしている。しかし WPF には CollectionView という便利なものが存在しているようです。
CollectionView クラスを使えば、元々のコレクションを弄ることなくソートやフィルタリング、グループ化などが出来るようになります。
今、これを利用して ObservableCollection の生成回数を減らすことができないかとか、フィルタリングを利用してインクリメンタル検索の実装など考えていたり。結局は縞模様が障害になりそうな気がして嫌。
追記
フィルタリングを使えば自動でビューの再生成を行ってくれるみたいなので、縞模様は障害にならないみたい。でも今度はインクリメンタル検索での高速化が課題になるんだよなぁ。
結局は TextChanged などのイベント内で ICollectionView.Refresh を呼び出してフィルタリングをしてもらわないと駄目なので。