しばやん雑記

ASP.NET とメイドさんが大好きなフリーランスのプログラマーのブログ

Web Apps

Azure Web Apps でも .NET Framework 4.6.1 と RyuJIT が使えるようになりました

数日前に Web Worker に対して reimage が掛かっていたので気になって調べたところ、.NET Framework 4.6.1 がインストールされていました。調べ方はいつものように reg query を使うだけです。日本語版のドキュメントには .NET 4.6.1 の値が書いていませんで…

Azure Web Apps に足りない MIME 設定を一括で追加できる XDT を作った

昨日 IIS Manager Extension の紹介として JSON の MIME 設定を追加しましたが、折角なので最新の IIS 10.0 で定義されている MIME Map と比較してみました。設定を丸っとコピーしてきて、差分を出してみると結構な差がありました。有名なものを挙げると Web…

IIS Manager Extension を使って Azure Web Apps の IIS 設定を変更する

もう去年の話になりますが、年末の趣味プログラミングとして Web Apps の applicationHost.config を簡単に編集するために、IIS Manager Extension というものを作りました。これまでも Site Extension を使えば XDT 経由で applicationHost.config をある程…

JRuby Extension を使って Azure Web Apps に Ruby on Rails アプリケーションをデプロイする

何回か Azure Web Apps に JRuby をインストールして Ruby on Rails アプリケーションを動かす方法について書いてきましたが、このあたりの面倒な手順を全て Site Extension で吸収することが出来たので、今回は完全版っぽく手順を紹介しておきます。これま…

Azure Web Apps 上で動作しているアプリケーションの監視を行う 2 つの方法

Azure に関わらず Web アプリケーションを運用する上で、当然ながら重要になるのがアプリケーションが正しく動作しているかを監視することです。ちゃんとデータを取りたい場合には New Relic や Application Insights をアプリケーションに組み込んで監視す…

Hubot を Azure WebJobs として実行させてみる

昔に Hubot を Azure Web Apps で実行する方法は書きましたが、今では WebJobs として Hubot を実行出来るようになっていると思ったので、実際に試してみました。そもそも、何故 Hubot を Web Apps で実行したかというと、HTTP を受け付ける必要があったから…

Azure Resource Manager テンプレートを使って複雑なリソースをデプロイしてみる

前回で Azure Resource Manager テンプレートの基本的な部分は理解できた感じなので、今回は複数のリソースを含む少し複雑なテンプレートを作成してみます。ARM テンプレートについては前回書いた部分を参照してください。最近は MySQL を Site Extension に…

Azure Resource Manager テンプレートの概要と Web Apps をデプロイする方法を調べた

最近はポータルから Web Apps を作るのに飽きてきたのと、毎回 App Insights が勝手に作成されるのに嫌気がさしてきたので、ARM テンプレートで必要な設定が行われた Web Apps を作る方法を調べました。Azure Resource Explorer は普通に使ってますが、実は…

ExpressWeb から Azure Web Apps への移行方法を考える

激安なのに ASP.NET が使えるレンタルサーバーとして一部で有名だった ExpressWeb が、残念ながらサービスを終了するというメールが届きました。私の TL ではかなり話題になりました。実はちょっと前に shibayan.jp は Web Apps への完全移行を終わらせてい…

MySQL 5.7 を Azure Web Apps にインストールしてみる

こないだ Web Apps の Sandbox について調べている時に、名前付きパイプを使えば MySQL を自前インストール出来るのではないかと思ったので試しました。あくまでも実験なので、プロダクションで動かしてトラブったり、動かなくなったりしても私は知りません…

細かすぎて知られていない Azure Web Apps / Kudu の機能

これは Azure Advent Calendar 2015 の 3 日目記事です。おーみさんが日付変わると同時に書いていたので、今年のアドベントカレンダーは何か奇跡が起こるのではないかと思っています。私はいつも通り誰も知らないような Web Apps の機能を紹介したいと思いま…

Let's Encrypt を使って証明書を取得したので Azure Web Apps に設定して確認してみた

Let's Encrypt去年から気になっていた Let's Encrypt がクローズドベータになり、申請すれば実際に証明書の発行がテストできると聞いたので、早速申請して証明書の発行を行ってみました。ただし IIS で使う前提です。Let’s EncryptでValidなSSL/TLS証明書を…

Azure Web Apps で環境変数 PATH が変更可能になっていた

久し振りに Kudu の Wiki を眺めていると、XDT のサンプルに環境変数を弄るものがありました。Xdt transform samples · projectkudu/kudu Wiki · GitHubsystem.webServer/runtime 要素で環境変数の追加、変更が可能になっています。XML スキーマが分からない…

KuduScript を使って PowerShell 版のデプロイスクリプトを作成する

少し前にカスタムデプロイスクリプトを PowerShell で書き直しました。その時の記事は以下になります。KuduScript をフォークして PowerShell 対応を入れましたが、それだけでは勿体無いと思ったので KuduScript へ Pull Request を投げておきましたが、それ…

OneDrive から Azure Web Apps へデプロイ出来るようになった

Kudu のコミットログを割と眺めているので、OneDrive からのデプロイが実装されたことは結構前から知っていたのですが、やっとポータルから設定可能になったみたいです。ちなみにポータルは怒涛の勢いで更新された結果、被害者を多く出しています。詳細はブ…

Azure Web Apps 上で動作するアプリケーションのタイムゾーンを設定できるようになっていた

エラー調査のために Kudu 周りを調べていたら、Wiki に Web Apps のタイムゾーン設定が追加されていたのに気が付いたので、実際に設定して試してみました。Kudu の Wiki はちょいちょい更新されているので、ちゃんと確認しておかないといけないですね。Confi…

Azure Web Apps へのデプロイ時に Git のコミットハッシュをアセンブリに埋め込む

Web アプリケーションのフッターに、バージョン情報や Git のコミットハッシュが埋め込まれているのを見ます。ちょっと違いますが、Kudu もコミットハッシュが表示されてます。ASP.NET アプリケーションでも、同じようにバージョンとコミットハッシュを表示…

Kudu のデプロイスクリプトを PowerShell で書き直してみた

Azure Web Apps に Git でデプロイする場合に作られるデプロイスクリプトは、バッチファイルと bash の 2 種類を選択できますが、正直なところ機能不足感が否めません。タイトル通りですが deploy.cmd を PowerShell で書き直しました。これで柔軟に処理が書…

Azure Web Apps が Go 1.5 に対応していた件と最近のアップデートについて

たまたま Kudu を見たら、Azure Web Apps のインスタンスがリイメージされていたので調べてみると、リリースされたばかりの Go 1.5 がインストールされていることに気が付きました。インストールパスの関係でそのままではエラーになりますが、GOROOT を設定…

日本でも Azure Web Apps の SSL/TLS 暗号スイートから RC4 が削除されました

6 月に発表されていた Azure Web Apps の SSL/TLS 暗号スイートのアップデートですが、やっと日本でも実施されたようです。US のデータセンターでは少し前にアップデートが実施されていました。7/19 から段階的に Azure Web Apps の SSL/TLS 暗号スイートか…

JRuby 9.0.0.0 がリリースされたので Azure Web Apps にインストールして Ruby on Rails を動かしてみた

ちょっと前に JRuby 9.0.0.0 がリリースされていました。Ruby 2.2 との互換性があるようです。JRuby 9.0.0.0 Released — JRuby.orgJRuby を使うと Azure Web Apps でも Ruby on Rails アプリを CRuby な環境よりも安定して動かすことができるので、これまで…

ASP.NET アプリケーションを Azure Web Apps にソース管理からデプロイする時にプリコンパイルさせる方法

Azure Web Apps に ASP.NET アプリケーションを GitHub などからデプロイする場合に、ビューのプリコンパイルを行いたいと思っていましたが、カスタムデプロイスクリプトを書くことで対応できたので紹介します。やはり同じことを考える人は居たようですが、…

Azure Web Apps にソース管理からデプロイするとスロット名を環境変数から取れる

何時からか分かりませんが、Azure Web Apps に GitHub などのソース管理からアプリケーションのデプロイした場合、環境変数から現在のデプロイスロットを取得できるようになっていました。App Service Plan を標準にしなくても Production スロットが 1 つ存…

Azure Web Apps で crontab っぽく WebJobs のスケジュール実行が出来るようになっていた

公式サイトでは全く触れられていないっぽいですが、中の人ブログや Kudu のコミットログを見たところ、WebJobs で Azure Scheduler を使わずにスケジュール実行する機能が追加されていました。調べたところ、一応 Kudu の Wiki にひっそりと情報が載っていま…

WebJobs を含むソリューションを Azure Web Apps へソース管理からデプロイする方法

GitHub などのソース管理システムから Web Apps にアプリケーションをデプロイする場合、自動的に Web Apps が認識してくれますが、同時に WebJobs をデプロイするといった機能はありません。実際にドキュメントには Web アプリケーションのことしか書いてな…

Azure Web Apps がクライアント証明書に対応したので自己署名証明書で試してみた

Azure 界の抱かれたい男 No.1 という異名を持ち、ブチザッキを書いている @kosmosebi から、Web Apps がクライアント証明書認証に対応したと教えてもらいました。おおおWeb Appsでクライアント証明書認証きたよ @shibayan— こすもす.えび (@kosmosebi) July …

ARM から設定すると Azure Web Apps で JDK 8 と Tomcat 8 が使えるようになっていた

Azure Web Apps は JDK 7 と Tomcat 7 がインストールされているので、管理ポータルから有効にするだけで Java アプリケーションの実行が出来るようになってます。しかし、実際には JDK 7 以外にもインストールされているので、変更可能です。メジャーな方法…

App Service Environment を作成したので Web Apps との違いを調べてみた

公開されてから全く弄ってませんでしたが、検証のために App Service Environment を作成してみました。Azure App Service Environment がプレビュー公開されました - しばやん雑記作成時の記述通り、確かに 2 時間近くかかりましたが作成完了しました。これ…

7/19 から段階的に Azure Web Apps の SSL/TLS 暗号スイートから 3DES と RC4 が削除される

昨日ぐらいから Azure Web Apps を使っている人には以下のようなメールが届いているはずです。7/19 から段階的に SSL/TLS の暗号スイートが更新されることを伝える内容です。殆どの場合には影響を受けることは無いと思いますが、具体的にはどう変わるのか気…

Azure Web Apps は Memcache プロトコルをサポートしてるけど知られてないっぽい

最近はキャッシュとして Redis Cache を使うことが多いですが、何故か Azure Web Apps では Memcache プロトコルで Redis Cache を使えるようになってます。Memcache プロトコルを経由して Azure App Service の Web アプリを Redis Cache に接続するぶっち…